世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

お腹の脂肪吸引後の圧迫によって仕上がりに差が!?

      2015/11/12

お腹の脂肪吸引後の圧迫によって仕上がりに差が!?

お腹の脂肪吸引では施術も重要ですが、術後の圧迫も同じくらい大切なことがわかりました。

脂肪吸引後の圧迫をするのとしないのでは仕上がりにも大きな差もでるようです。

脂肪吸引後の圧迫の役割や注意点など調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイトで深夜の時給計算はどんな計算方法?気になる深夜手当とは

深夜に働くなら時給のいいバイトをしたいですが、その時の深...

no image
学校での友達の作り方がわからない?友達をつくるコツと方法~

学校では友達の作り方を教えてはくれない?そう感じる人も多...

no image
英語の文章が組み立てられない!間違いを気にせず進め!

文章を組み立てるのは日本語でもなかなか大変だったりします...

no image
レーヨンと綿の混合の服を自宅で洗濯する方法をプロが教えます!

レーヨン製品って洗うと縮むとか言われているけど、綿との混...

no image
自宅でボールペンのインクを洗濯や染み抜きで落とす方法と注意点

仕事でボールペンを使うことが多く胸ポケットに入れる場合、...

no image
プラスチックの臭いをとる方法とは?家にあるアイテムが効果的

プラスチックについてしまった臭いはなかなかとれない・・・...

wpid-2015_10_28_11_28_8.jpg
パキシルの副作用と離脱症状の耳鳴りについて調査

パキシルの副作用や離脱症状でよく聞く「シャンビリ」とはナニ?...

5ffc597ca0bbd04360a0efd2210320d2_s
テントウムシを幼虫から育てる飼い方と必要な知識とは~

テントウムシは小さな昆虫ですがどことなく愛らしい姿をしていま...

415afda390644f45ac56b01b79fc8578_s
シャチはイルカを捕食する!気になる海の王者「シャチ」について

シャチはなんでも食べてしまう!?イルカも捕食しちゃうんです!...

9afa1b26e6d591a94eb916f0d60ba111_s
お腹がゴロゴロするのは胃腸炎の始まり?その症状を教えます!

お腹がゴロゴロする・・・その場合考えられるのは「胃腸炎」では...

4c3db8ed60a2143d1c80f46b4aef71ab_s
nt(胎児の後頚部浮腫)とは?そのリスクについて解説します

nt(胎児の後頚部浮腫)の宣告・・・これってママにとってはシ...

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s
ロキソニンとカロナールの併用はOK?併用する場合の注意点

ロキソニンとカロナールどちらも鎮痛剤だけど、併用しても大丈夫...

611616
マネージャーの部活の役割!バスケ部マネージャーのお仕事

学生時代に部活でバスケ部のマネージャーをした経験のある方はい...

622862
電話が苦手で、なかなかかけることが出来ない人必見!

電話をかけるのが苦手と感じる人の理由は? 面と向かっての対...

626664
赤ちゃんの体重増えすぎの原因や対策について紹介します!

赤ちゃんの体重が増えすぎ場合の対処法について 母乳の場合は...

117816
生理痛による腰痛に効果的な湿布についてまとめてみました!

生理痛による腰痛は温湿布で温めるべきなのか? 生理痛の原因...

474632
心臓がドキドキしちゃう!恋するメカニズムを徹底解剖!

恋をして心臓がドキドキとすると体は、一体どうなるの? 好き...

562251
子供を児童養護施設に預ける条件などについて説明します

児童養護施設に子供を預ける条件について 親の離婚や病気、ま...

613569
大学で部活に入ったけどやめたい時はこのようにすればいい!

大学で部活に入ったけど辛くてやめたいと思っている人はいません...

564425
大学の先生に好意を持ってしまった…アピールする2つの方法!

大学の先生に好意を持ってしまう学生さんは多くいませんか? ...

スポンサーリンク

お腹の脂肪吸引後の圧迫固定の役割

圧迫固定の役割としては、以下のものが挙げられます。

1.内出血の量を最小限に抑える

施術直後は、施術部位で内出血が起きています。

患部をしっかり圧迫することによって、この内出血の量を最小限に抑えることができ、ダウンタイムが長引くのを防げます。

2.むくみを最小限に抑える

施術後、患部には体内に残った麻酔薬やリンパ液などの水分が集まってくるため、一時的にむくんだ状態になります。

圧迫固定をすることで水分の排出を促し、血液循環が妨げられるのを防ぎます。

3.痛みを最小限に抑える

脂肪吸引直後は、いわば身体の中に穴が開いた状態となっています。

そのため、そのままでは身体を動かすたびに患部が刺激しあい、痛みが強くなります。

圧迫固定により患部を固定することで、皮膚の動きを抑制し痛みを軽減させます。

4.キレイな身体のラインに仕上げる

部位によっては、圧迫の仕方が最終的な身体のラインに大きな影響を及ぼします。

特に、太ももの内側や腹部(上腹、下腹)は圧迫によってラインが変わりやすいデリケートな部分です。

急性期には包帯できつく圧迫し、その後は脂肪吸引後専用のボディースーツやストッキング、サポーターなどを用いましょう。

引用元-脂肪吸引後の圧迫固定と期間について | スキンケア大学

お腹の脂肪吸引後の圧迫は大切!

腹部の脂肪吸引の腫れ=浮腫みについて

翌日が一番強く浮腫みます。

内出血と同じくソ径部(ビキニライン付近の毛の生える部位)に強く腫れがでます。

脂肪吸引の量や圧迫の具合により腫れる位置と腫れの具合はかなり個人差が大きな場所とお考えください。

腰の背中側はあまり腫れは出ない部位です。

術後1週間で抜糸を行い、その日から入浴可能です(シャワーは手術翌日から大丈夫です)。

のんびり体を温めて頂きますと浮腫みが引くのも早くなるのでお風呂にゆっくりつかってください。

腹部の脂肪吸引の術後の痛みについて

腹部の脂肪吸引は上腹部や腰回りはそうでもありませんが下腹部(特におへその周り)は他の部位に比べやや痛みが強い部位です。

そのため術後数日はどうしても前かがみな姿勢を取りやすいのですがその時期はお腹をまっすぐに伸ばしておくことが重要ですので、しっかりと圧迫し痛みを軽減させ背筋を伸ばした姿勢を保って下さい。

多くの方が最初の4,5日痛み止めをお飲みになるようです。

が、それ以降は痛み止めを飲むほどではないという方がほとんどです。

引用元-お腹周りの脂肪吸引 | 成功する脂肪吸引は丁寧なカウンセリングから

お腹の脂肪吸引後の圧迫が大切な理由

皮膚のたるみとむくみの関係

よく脂肪吸引後の圧迫固定は仕上がりの美しさに影響すると言われますが、それは内出血や痛みの軽減の他、むくみを予防して皮膚の収縮を助けるという効果が得られるからです。

術後のむくみは、脂肪を除去したスペースに麻酔液やリンパ液などの水分が停滞することで起こります。

圧迫すると物理的にそれ以上は膨れあがることはできないので、むくみは抑えられます。

しかしこれが長引くと、手術で傷ついた線維組織が再構築されたときに皮膚を収縮しようとしてもそれができません。

脂肪をしっかり取ったのにまだつまめる脂肪が残っていると感じるのは、こうして皮膚が収縮できずにたるんでしまっている場合が多いのです。

特におへその上やウエストといったベルトで締め付ける部位はその上に水分がたまりやすく、こういった失敗が生じやすいと言えます。

圧迫固定で注意すべき点

このような事態を回避するためにも圧迫固定は重要なのですが、単純に締め付ければ良いというわけではありません。

例えば、腕の途中を圧迫すると指先に近い方の血流が滞るように、ある一部分だけではその部位の末梢(末端)がむくんでしまいます。

よって、患部周辺を含めて全体的に圧迫しなければなりません。

また、足の場合は末梢を強く、中枢側に向けて少し弱めるという工夫も必要です。

引用元-コラム「軽んじてはいけない脂肪吸引後の圧迫固定」|THE CLINIC@東京

お腹の脂肪吸引後は圧迫をするかしないかで仕上がりに差が!

圧迫をするかしないかでは、脂肪吸引後のお腹の仕上がりにかなりの差がでてしまいます。
 
せっかく一大決心をして受けた脂肪吸引です。
 
最大限の効果が得られるように、苦しくても頑張りましょう。
 
でも、体験談を読んでいると、手術後の痛みよりも、圧迫が辛かったという意見がたくさん!!
 
だからこそ、どれだけ重要なのか知っておきたいところですよね。

引用元-脂肪吸引のお腹の圧迫│実は重要!?細くなるための秘訣!?

脂肪吸引をすると、脂肪がなくなることで、皮膚と筋肉層の間に、スペースが生まれます
 
このスペースに、むくみの原因である水分が入ってしまうことを防ぐために、圧迫が重要となります。
 
術後は麻酔液やリンパ液が停滞することで、むくみが起こるため、スペースがあいているとそこに水分が停滞してしまいます。
 
すると、皮膚と筋肉層が密着することができなくなるため、皮膚が収縮できずにたるんでしまいます。
 
しっかりと脂肪吸引したのに、まだお腹をつまめる」と感じるのは、このような場合がほとんどなのです。
 
しっかりと圧迫することで、皮膚と筋肉層の間にスペースがなくなるため、しっかりと皮膚が収縮できる、というわけなのです。
 
また、内出血や痛みの軽減にもなるので、しっかりと圧迫するようにしましょう。

引用元-脂肪吸引のお腹の圧迫│実は重要!?細くなるための秘訣!?

お腹の脂肪吸引後の固定で注意すべきこととは・・・

圧迫後も体を動かすようにする

施術後は固定圧迫や患部の違和感によって動くのが辛い状態になりますが、施術から2~3日安静にした後はじっとしているよりも体を動かした方が患部の治りも早くなります。

また、患部を圧迫したまま動かない状態が続くと、血栓症の原因になることがあるので、体はある程度は動かすようにしましょう。

★ただし、ウォーキングなどの運動は1~2週間ほど経過して回復状態を確認してから行います。

体に大きな負担のない家事などの労働が理想です。

圧迫後に起こる色素沈着

脂肪吸引後には固定圧迫が必要ですが、サポーターなどで毎日圧迫を行うと皮膚が弱い方は色素沈着を起こしてしまうことがあります。

通常、色素沈着は紫外線や刺激を避ければ数ヶ月~1年ほどで改善しますが、肌質によっては色素沈着が跡になって残ってしまうことがあります。

★色素沈着はビタミンC誘導体やハイドロキノンという美白剤などで改善することができます。

伸縮性と吸汗性があるサポーターを

圧迫装具によって皮膚が蒸れてしまったり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。

そのため、通気性が良く伸縮性がある圧迫装具で圧迫を行いましょう。

お尻から太もも、ふくらはぎにかけてはガードルやストッキングなどでも良いと思います。

★病院が提供する圧迫装具を使用するのが理想的です。

引用元-脂肪吸引の術後に固定圧迫をする理由とは?

twitterの反応


https://twitter.com/honomi92/status/338981593181990913

 - ダイエット

ページ
上部へ