世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

矯正は抜歯or非抜歯?失敗しないためには?

      2016/01/23

矯正は抜歯or非抜歯?失敗しないためには?

歯の矯正をするとき、抜歯か非抜歯かで悩む方も多いと思います。

失敗しないためにはどちらを選択したほうがいいのでしょうか。

矯正を失敗してしまった例などについても調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
女性が仕事で泣く原因や接し方はコレだった!

女性が仕事で泣くのはどんなときなのでしょうか?職場で女性が泣...

no image
子どもの熱が下がらなくて入院…原因不明の高熱は○○病かも!

子どもの熱が下がらなくて入院に…そんなことになったら心配や不...

no image
既婚女性はなぜ魅力がある?結婚後にモテル理由とは!

結婚して子供までいるのに、既婚女性はなぜ魅力的なのだろうか?...

no image
幼稚園の挨拶はどんなことを話す?入園式の挨拶の内容について

幼稚園の入園式で挨拶をしなければいけない場合はいったいどんな...

no image
主婦の保険料控除は年末調整で!忘れたら確定申告で申請しよう

専門家じゃないと難しい年末調整・確定申告・保険控除・・・専業...

no image
親権を父親が持つには?父親やが乳児の親権を持つ場合

離婚に伴う子供の親権、父親が乳児の親権を持つにはどうしたらい...

no image
浪人したい!そんな時、親を説得するポイントをご紹介します

希望の大学に行くために浪人したい! そんな時に親を説得...

no image
胎嚢が見えないのは流産したから?見えない原因を解説!

妊娠を確定する時に確認するのが胎嚢です。赤ちゃんを包んでいる...

no image
インフルエンザにもし旦那がかかったら子供と避難しよう!

予防接種をしたのに旦那がインフルエンザにかかってしまった・・...

no image
保育園の先生はモテるってホント!?保育園の先生の恋愛事情

保育園の先生は実はモテるということをご存知でしょうか? ...

no image
広汎性発達障害の特徴は一歳頃からわかる?その特徴を解説!

広汎性発達障害は、アスペルガー症候群や自閉症を含んだ発達障害...

a96046231a451016589402b406162567_s
会社のトイレでリフレッシュのために寝るのはテクと気遣いを!

会社で仕事中に睡魔に襲われたら、とりあえずトイレで数分寝ると...

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s
一人暮らしの部屋に友達が泊まりに来る!準備しておきたいことは

一人暮らしの部屋に友達が泊まり来るってちょっとワクワク。まず...

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s
レーヨンを洗濯で縮ませてしまった時のリンスの活用方法!

レーヨンで出来ている服はお洗濯できない事が多いです。 ...

3723c1e0d1d120579a5b75dfe16cc500_s
うっかりボールペンを衣服と一緒に洗濯!復活させる方法

洗濯が終わり開けてみると、なんか嫌な予感・・・ボールペンも一...

49385012d3e17bafacbf0e5f3dd0d136_s
ピアス洗浄!肌が弱い人でも大丈夫!オススメの洗浄方法をご紹介

ピアスの洗浄ってみなさんはどうやっていますか?毎日しっかりケ...

1b2ec4fe50d5aeb2a1254cac311c8a5a_s
スマホのバッテリーを復活させる簡単な方法まとめ

スマホのバッテリーが持たなくなってきた。これっていよいよ寿命...

82280ed1c26137dfdf83db086be0ec41_s
ニートになるのは親の責任が大きいが、それだけとはいえない

社会問題にもなっているニートや引きこもり。「そんなのは親の責...

9d06f58a897963d39439e71e573c1aed_s
スーツ着ているのにパンプスが脱げる…原因と対処法をご紹介!

スーツを綺麗に着こなしているのに、足元のパンプスはカパカパ脱...

1981e27a8844f205f47003a46d796107_s
こんな時どう対応する?クレーム謝罪で菓子折りを持参する時!

大切な取引先に迷惑をかけてしまった時のクレームなどで謝罪に行...

スポンサーリンク

矯正で抜歯しないと失敗するの?

非抜歯矯正については、「ゴリラ顔になる」「後戻りしやすい」というような、デメリットを強調する情報が溢れています。

非抜歯矯正を行ったことでかえって歯並びが悪くなってしまった失敗例や、非抜歯矯正に対する誤った認識のほとんどは、「無理やり非抜歯で歯を並べようとした」ことに起因していると感じます。

残念ながら、矯正治療というのは、矯正を専門に学んだことがない歯科医でも行えてしまうという現状があります。

非抜歯矯正についての専門知識も経験もない歯科医が、患者さまの「歯を抜きたくない」という要望に応えるままに治療を行ってしまうケースが多いことが、非抜歯矯正についての誤った認識を生んでしまう原因なのでしょう。

非抜歯矯正の唯一のデメリットと言えそうなものは、その方が持っている本来の歯並びでは満足できない場合に、審美的理由から非抜歯よりも抜歯を選択した方が良いケースがあることぐらいです。

また、これは当クリニックの場合ですが、歯が並んでいない原因の特定や診断、治療計画の策定に時間をかけるため、歯を抜いてすぐに歯が並ぶスペースを確保する抜歯治療と比べて、多少治療にお時間をいただくかもしれません。

それも、今後の長い人生の中で健康な歯を失うことのデメリットを考えると、デメリットと呼ぶほどの理由ではないと考えています。

引用元-非抜歯矯正のデメリット|「矯正・自由が丘歯科室」

歯列矯正は抜歯か非抜歯か失敗がないのは・・・抜歯が必要な理由とは

1−1.顎と歯のバランスを整えるため

歯列矯正は顎が狭く、歯が顎の中に並びきれないと、歯がガタガタになったり、八重歯になったりするために行います。

狭い顎に歯をきれいに並べるには歯の数を減らさなくてはいけないため、抜歯が必要になります。

抜歯をすることによって、顎と歯のバランスが整うためきれいに歯が並ぶことができます。

1−2.歯が顎から飛び出さないようにするため

抜歯を避けるために顎を広げる場合があります。

顎を広げることによって多少の凸凹であれば歯をきれいに並べることができるからです。

しかし、限界を超えて顎を広げると歯が植えられている骨の外に出てしまうために、矯正治療後、歯が揺れてきたり、歯の神経が死んでしまったりします。

そのため、無理に顎を広げるのではなく、抜歯をして歯の根が骨の正しい位置に来るように歯を動かすことが必要です。

詳しくは「歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つのことと最新治療法」を参考にしてください。

1−3.1番奥歯が並ぶようにするため

歯を歯列矯正で無理に並べようとすると、1番奥の第2大臼歯が斜めになってしまうことがあります。

この第2大臼歯は歯の中で2番目に大きい歯で、噛み合わせに重要なのです。

第2大臼歯がまっすぐ並ぶように、その他の歯を歯列矯正で抜歯する必要があります。

引用元-抜歯か非抜歯か!歯列矯正で抜歯が必要な5つの理由と痛みや費用

矯正で抜歯しないと失敗してしまう理由

■歯を並べることしか考えていない未熟な治療が問題

こちらの患者さんが最初にかかった歯科医師は治療前にすべき検査をきちんと行わず、歯や咬み合わせの状態を正しく把握することなく「拡大装置ありき」で歯を並べようとしていました。

デコボコの歯並びに対して歯を抜かずに無理にあごを広げて治そうとすれば、当然歯が並んでいる歯列弓が元の状態よりも大きくなります。

歯列弓を広げて歯を並べることは特別な技術を必要とせず簡単なことです。

しかし、歯科医師として「してはならない患者さんに、してはならないことをする」倫理的な問題があります。

経験を積んだ矯正医であれば、行き場のない前歯が前へ突出することも、咬み合わせに影響が出ることも、歯周組織を破壊したり、

せっかく広げたものが将来的に安定せずにその努力がムダになることも当たり前に予測できることなのですが、前医は非抜歯矯正にこだわったためか、その見極めが出来なかったようです。

そして、結果を顧みて自己評価する術を知りませんから、患者さんに逃げられても反省せずに新たな失敗を増産します。

患者さんは口元のコンプレックスを改善したくて矯正治療を希望されます。

患者さんの悩みを解消するどころか、前よりも口元が見苦しくなったり咬めなくなったりして悩みを増やすような治療は、絶対にしてはいけません。

引用元-【失敗しない矯正治療】矯正したら上も下も出っ歯に│【100症例の信頼】JSO 日本歯科矯正専門医学会

矯正治療で抜歯や手術も出来るとこは?

矯正治療を受けられる医療機関について

矯正治療を受けられる医療機関は、一般歯科・矯正歯科・大学病院などがあります。

大学病院

抜歯や虫歯治療、手術なども全て同じ場所でおこなえます。

大学病院は、難しい症例や外科手術を伴う矯正を扱っている場所であり、紹介状が必要になります。

矯正歯科

矯正を専門に行っている歯科医院です。

豊富な専門知識と熟練した技術が期待できますが、抜歯や虫歯治療は、行なっておらず、

それらの処置が必要な場合には一般歯科にも通院なければなりません。

一般歯科

一般歯科の中で矯正も取り扱っている歯科もあります。

看板に○○歯科(一般・小児・矯正)などのように、明記してあります。

抜歯や虫歯治療なども同じ場所で受けられます。

矯正専門医に診てもらえる医院もあります。

引用元-矯正治療を受けられる歯科について – 歯列矯正で失敗しない為に

かかりつけの歯医者さんについて

普段の歯の治療に通っている、かかりつけの歯医者さんがあれば、まずその歯医者さんに、相談してみるのもよい方法です。

一般歯科の場合、歯列矯正を扱っていないところが多いようですが、歯医者さんは、矯正についてもひととおり勉強されているので、有効なお話を聞ける可能性があります。

場合によっては矯正歯科を紹介していただけたりします。

自分のよく知る歯医者さんの紹介なら、まず間違いないでしょう。

引用元-かかりつけの歯医者さんについて – 歯列矯正で失敗しない為に

矯正で失敗が疑われるケースと対策について

失敗が疑われるケース

・歯は一列に並んだが、口元が前に出て顔貌が悪くなったり、口が閉じにくくなった。

・噛み合わせが悪くなったり、食べ物をよく噛めない状態になった。

 思っていたような治療結果ではないのに、「これで治療は終了です」「これ以上は無理」と言われる。

・いつまでたっても歯並びが整わず、あとどのくらいの期間で終了するのか尋ねても明確な回答が得られない。

※治療の途中で、一時的に歯並びや噛み合わせが悪くなる場合があります。

歯科医師からきちんと説明があり、治療の過程で生じる一時的な状態で、その後改善される予定であれば問題ありません。

失敗かも・・・と思ったら

上記のような失敗が疑われる状態になったら、どうしたらよいでしょうか。

まずは、現在治療中の歯科医院に思っていることをきちんと話し、よくご相談されることをお薦めします。

なかには、説明が不十分だったために誤解をしているだけの場合もありますし、希望を伝えることで、対応をしてもらえることもあるかもしれません。

しかし、それでも改善がみられない、不信感がある、というような場合には、セカンドオピニオンを利用するのも一つの方法です。「セカンドオピニオン」は、主治医以外の歯科医師に客観的な意見を聞くことです。

矯正歯科でもセカンドオピニオンを受け付けている歯科医院が増えていますので、相談してみるとよいでしょう。

それらの結果、やはり今の歯科医院では治療を続けられないと判断された場合には、転医を検討することになります。

しかし、あちこちたくさんの歯科医院を回りすぎて「ドクターショッピング」のような状態になってしまうと、患者さん自身によけい負担がかかるような結果になることもあります。

歯科医院選びは慎重におこなう必要がありますが、しかし十分検討して安心して治療を受けられる歯科医院が見つかったら、信頼してまかせることも大切です。

引用元-矯正の失敗-再治療が必要になった例【口コミ歯科・歯医者】

twitterの反応

https://twitter.com/Miyashi_a/status/649014503904952321

 - 健康

ページ
上部へ