世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

離婚した時の子供の養育費って何歳まで支払われるの?

      2015/10/11

離婚した時の子供の養育費って何歳まで支払われるの?

子連れ離婚の時に必ず問題になる養育費。

子供の養育費って何歳まで支払われるの?大学へ進学した場合は22歳までもらえるの?

離婚した時の子供の養育費についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイトで深夜の時給計算はどんな計算方法?気になる深夜手当とは

深夜に働くなら時給のいいバイトをしたいですが、その時の深...

no image
学校での友達の作り方がわからない?友達をつくるコツと方法~

学校では友達の作り方を教えてはくれない?そう感じる人も多...

no image
英語の文章が組み立てられない!間違いを気にせず進め!

文章を組み立てるのは日本語でもなかなか大変だったりします...

no image
レーヨンと綿の混合の服を自宅で洗濯する方法をプロが教えます!

レーヨン製品って洗うと縮むとか言われているけど、綿との混...

no image
自宅でボールペンのインクを洗濯や染み抜きで落とす方法と注意点

仕事でボールペンを使うことが多く胸ポケットに入れる場合、...

no image
プラスチックの臭いをとる方法とは?家にあるアイテムが効果的

プラスチックについてしまった臭いはなかなかとれない・・・...

wpid-2015_10_28_11_28_8.jpg
パキシルの副作用と離脱症状の耳鳴りについて調査

パキシルの副作用や離脱症状でよく聞く「シャンビリ」とはナニ?...

5ffc597ca0bbd04360a0efd2210320d2_s
テントウムシを幼虫から育てる飼い方と必要な知識とは~

テントウムシは小さな昆虫ですがどことなく愛らしい姿をしていま...

415afda390644f45ac56b01b79fc8578_s
シャチはイルカを捕食する!気になる海の王者「シャチ」について

シャチはなんでも食べてしまう!?イルカも捕食しちゃうんです!...

9afa1b26e6d591a94eb916f0d60ba111_s
お腹がゴロゴロするのは胃腸炎の始まり?その症状を教えます!

お腹がゴロゴロする・・・その場合考えられるのは「胃腸炎」では...

4c3db8ed60a2143d1c80f46b4aef71ab_s
nt(胎児の後頚部浮腫)とは?そのリスクについて解説します

nt(胎児の後頚部浮腫)の宣告・・・これってママにとってはシ...

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s
ロキソニンとカロナールの併用はOK?併用する場合の注意点

ロキソニンとカロナールどちらも鎮痛剤だけど、併用しても大丈夫...

611616
マネージャーの部活の役割!バスケ部マネージャーのお仕事

学生時代に部活でバスケ部のマネージャーをした経験のある方はい...

622862
電話が苦手で、なかなかかけることが出来ない人必見!

電話をかけるのが苦手と感じる人の理由は? 面と向かっての対...

626664
赤ちゃんの体重増えすぎの原因や対策について紹介します!

赤ちゃんの体重が増えすぎ場合の対処法について 母乳の場合は...

117816
生理痛による腰痛に効果的な湿布についてまとめてみました!

生理痛による腰痛は温湿布で温めるべきなのか? 生理痛の原因...

474632
心臓がドキドキしちゃう!恋するメカニズムを徹底解剖!

恋をして心臓がドキドキとすると体は、一体どうなるの? 好き...

562251
子供を児童養護施設に預ける条件などについて説明します

児童養護施設に子供を預ける条件について 親の離婚や病気、ま...

613569
大学で部活に入ったけどやめたい時はこのようにすればいい!

大学で部活に入ったけど辛くてやめたいと思っている人はいません...

564425
大学の先生に好意を持ってしまった…アピールする2つの方法!

大学の先生に好意を持ってしまう学生さんは多くいませんか? ...

スポンサーリンク

Q 子供の養育費は何歳まで支払うものなの?

養育費は子供が何歳まで支払うものなのでしょうか?

18才までなのか二十歳までなのか、大学に行く事になると4年生の場合22才まで支払うものなのでしょうか?

離婚のさいに何の条件も交わしていない場合は18才(高校卒業した時点)で養育費としての毎月の支払は終えても良いものなのでしょうか?

同じような状況の方がみえましたらどうされていますか?教えて下さい。

引用元-養育費は子供が何歳まで支払うものなのでしょうか?18才までなのか… – Yahoo!知恵袋

A 子供の養育費は何歳までか・・・離婚経験者より

義務としては成人(20歳)までみたいですよ。
私は裁判となって、出た結果ですが弁護士さんが20歳までと主張しました。
本来なら私も元夫も大卒なので22歳までなんでしょうが、元々私は養育費は当てにできないと思ってたので20歳で良いと思いました。
協議で離婚されたのなら、それも話し合いで良いのではないでしょうか?
色々なパターンがあるのですから、みんなが同意できれば良いと思います。
私的には最終学歴まで養育費は払ってあげて欲しいと思います。

引用元-養育費は子供が何歳まで支払うものなのでしょうか?18才までなのか… – Yahoo!知恵袋

約束がなければ現在は22歳だと思います。

ご自身が大卒ならば、大学卒業まで、高卒ならば18歳までという形もあると聞きましたが。

私が離婚したときは、相手がどうしても18歳までと主張したので受け入れました。

裁判官が「その後は、あなたがお決めになってください。

親は一生親です。お子さんに対してできることはすべてやってください」と言ってました。

実際はどうなることやらです。

しかし、約束の期間が過ぎても払っている人も世の中にはいます。

やはり、気持ちの部分が大きいもののようです。

引用元-養育費は子供が何歳まで支払うものなのでしょうか?18才までなのか… – Yahoo!知恵袋

子供の養育費は何歳までかは自由に決めれる?

養育費の取決めは、当事者同士で自由に決定できますので、相手方が納得しているのであれば、何歳までとしてもかまいません。

 つぎに、相手方と話し合いで決めることができず、家庭裁判所を利用する場合や、基準がわからず、とりあえず考え方を知りたい、という方のために、養育費の終期についての 考え方を述べます。
 
 養育費は、親の子に対する扶養義務に基づいて認められるものです。

 そこで、子が扶養の必要な状態である場合に、養育費を支払う必要があるといえます。

 なお、法律家は、子が扶養を必要としている状態を指して「未成熟子」という言葉を使うことが多いです。

 では、いつまで「扶養が必要」=「未成熟子」といえるかを考えます。

 基本的には、20歳を基準にして、20歳を超えれば未成熟とはいえないと判断していいでしょう。

 しかし、現在、大学進学率が高く、かつ、その学費を親に負担してもらっている学生が多数という現状を踏まえれば、大学卒業時まで未成熟であると考える事もできます。

 逆に、18歳で就職して自活生活を送っていれば、もはや未成熟とはいえないでしょう。
 
 そこで、離婚して養育費を決める時点において大学進学が見込まれる場合には、大学卒業時(22歳)までとしてもいいでしょう。

そのように判断する家庭裁判所の扱いもあります。

 また、お子さんに障害があり、自立した生活が見込めないという場合には、20歳にとどまらず、長くするということもあるでしょう

(ただ、障害年金などの受給の有無等が影響すると考えられます)

 逆に、例えば家業を継ぐことが決まっているなど、18歳で仕事に就くことが見込まれる場合には18歳までとされることもあるでしょう。

引用元-子どもの養育費は何歳までもらえますか – fplawyer-rikon ページ!

子供の養育費・・・もし20歳を超えた場合は?

子供が20歳を超えた場合の養育費について説明します。

養育費というものは,未成年の子の監護権が父母のどちらか一方となっている場合,に生じます。

あくまでも監護とセットになるものです(民法766条)。

正確に言えば養育費は,監護者自身の権利ということになります。

次に,監護権は,親権の内容の1つです(民法820条)。

親権の対象となるのは『成年に達しない子』です(民法818条1項)。

成年とは年齢20歳です(民法4条)。

まとめて等式で表します。

<監護権から判断する生活費負担の上限年齢>

20歳未満→未成年者→親権→監護義務(民法4条,818条,820条)

逆に言うとこうなります。

20歳に達した=監護対象ではない=養育費対象ではない

以上はあくまでも純粋な理論操作の話しです。

引用元-【20歳以上の子の養育費;法的理論,離婚協議書の記載例,認められる場合】 | 子供関係 | 東京・埼玉の理系弁護士

子供の養育費の支払い方法はボーナス併用も可能?

養育費の支払い条件は、協議離婚では、夫婦間における話し合いで決めることが基本です。

離婚時に、すべて一括金で養育費が支払われることもありますが、一般的とは言えません。

養育費は毎月の定期的な支払いにするのが一般的な定め方となっており、家庭裁判所の実務においても、養育費の支払い方法は毎月定期払いが原則となっています。

ただ、現実的には途中から支払われなくなってしまうことが養育費において非常に多いため、双方の合意で決められるのであれば、一括払により養育費を確保しておいた方が良いという考え方があります。

離婚に実績ある弁護士が、その書籍において、ご自身は養育費も一括払いによる条件を勧めると書いています。

なお、夫婦間の養育費の取り決めにおいて、ボーナス払いの併用をおこなう場合もあります。

養育費の負担者側には毎月の負担額を軽減できるというメリットがあり、養育費の受け取り側にも養育費の総額を増やすことができるというメリットがあります。

ただ、ボーナスは勤務先の業績によっては安定しないこともあることから、あまり安易にボーナスに養育費の金額を積み過ぎてしまうと、支払いがおこなわれなく心配もあります。

引用元-養育費はいつまで?相場はいくら?再婚した場合は?

twitterの反応

 - 結婚

ページ
上部へ