世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

江戸時代女性の驚くべきトイレ事情を詳しくご紹介!

   

江戸時代女性の驚くべきトイレ事情を詳しくご紹介!

現代と同じで、江戸時代にも「トイレ」がありました。しかしぜいたく品なため戸数は少なく、女性は特に大変だったようです。

江戸時代の女性はトイレのドアがなくて大変だった!?江戸時代の女性はトイレットペーパーを使っていた!?

江戸時代女性のトイレ事情、また下着やお洒落についてもまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

江戸時代の女性はトイレのドアがなくて大変だった!?

トイレにはちゃんとしたドアがなかった!?

今ではトイレにドアがないということはあり得ませんが、江戸時代の長屋のトイレのドアは半分だけしかありませんでした。下半分だけ隠れるようになっているため、上からのぞけば中は丸見えです。

男性が立って用をたしているときには、中に人がいるのが分かりますが、しゃがんでいれば中にいるのかどうかわかりません。

そのため、しゃがんだ状態で頭を上げて、中にいることを知らせる必要もありました。

女性の場合には、のぞかれる心配が常にあり、落ち着いて用をたすことが難しかったようです。

たまった糞尿は売っていた!?

江戸時代には人糞は農家にとって貴重な肥料でした。そのため農家の人たちが定期的に糞尿を買い取りにきて、処分してくれたのです。

長屋の場合には、糞尿の処分費として受け取ったものは大家のものとなりました。

一般の家庭でも、農家に売っていました。代金は現金で支払われる場合もあれば、農家の作物との現物交換の場合もあったようです。
引用元-江戸時代のトイレ事情~糞尿は農家に売っていた

江戸時代の女性はトイレットペーパーを使っていた!?

江戸時代にようやくトイレットペーパーが出てきました。

とはいえ、これは都市部に限ったことで農村部ではワラなどをトイレットペーパーにしていたそうです。全国的に紙を使用するようになるのは明治時代も中頃を待たなければなりません。

で、江戸時代の都市部でトイレットペーパーとして使っていた紙とはどのようなものだったのかといいますと、「浅草紙」と呼ばれる再生紙でした。

浅草紙は墨などがついた古紙を水に浸して叩き漉(す)いただけ、といったとっても簡単な再生紙。
浅草紙は、紙としては粗悪品でしたが値段も安く、庶民もトイレットペーパー(落とし紙)として利用しました。ちなみに、紙は備え付けではないのでトイレに行く度に浅草紙を持参したそうです。

その浅草紙ですが、安いといっても1枚1文(約15円)しました。なのでムダにはできません。
しかし、そこはリサイクル都市・江戸、もちろんリサイクルします。使用済みの浅草紙はストックしておいて屑屋が買い取り、また再生されたというのですから、とってもエコ!
引用元-江戸時代のトイレは紙があった?現代とは違う驚きのトイレ事情をまとめた(2) | 江戸ガイド

江戸時代の驚くトイレ事情、将軍のトイレには女性が控えてお世話!?

・江戸時代には、幕府公認豪華公衆トイレが作られました。板で囲った大きな大便受けと、小便溜めの樽が樋でつながっている本格的なものだっと記されています。
また、小便所には、間口4.5メートル、奥行き7.2メートルの広さの休憩所が設けられ、中には腰掛けがありました。

利用者には、管理人が湯茶の無料サービスをしていました。こうした無料小便所は、江戸には10か所に設置されていました。その運営費は年間500両(=今の約4000万円)。莫大な経費がかかっていたのですが、当時は、糞尿が肥料として売買されていた時代。この運営費は、すべてこの売買によってまかなわれていたそうです。

・徳川将軍の御用所(将軍のトイレは、御用所と呼ばれていました)は、四畳半の広さ。前方には御殿女中が控え、後方の中央に総ひのき作りの便器がありました。長さ85センチ、幅45センチ、高さ91センチという白木の箱でした。
将軍が用を足している間、冬であれば箱の一方に火鉢を置き、お尻から風邪をひかないようにし、また夏は御殿女中が扇子であおぎ、暑さと蚊を追い払っていました。
引用元-2/2 江戸時代のびっくりトイレ事情 【トイレ】 All About

江戸時代の女性の下着事情とは?

江戸時代になると、紙の値段が下がってきたこともあって、懐事情にゆとりのある女性は和紙(浅草紙という再生紙)を折り畳んで性器に当てがい、上からふんどし状の布で押さえていました。
またタンポン式の生理用品として、和紙や布を丸めて膣の中に詰め込んだり、吸水性のある海綿にヒモをつけて用いていたともいいます。

とはいえ、庶民にとって紙の値段はまだまだ高かったようで、紙といえども使い捨てにしないで洗って何度も使ったり、紙は使わずに相変わらずボロ布などで対応するのが庶民流だったとか。

現代では、衛生用品を買えないほど貧乏している人は稀ですから、昔は今と比べても経済格差が露骨だったと言えるかもしれませんね。

引用元-生理とナプキンの歴史と女性の体

江戸時代の女性はどのようにお洒落を楽しんでいたの?

■色の白いは七難かくす

浮世絵の美人図では、女性はみな色白に描かれています。
「色の白いは七難かくす」という言葉にあるように、江戸時代は色白であることが美人の第一条件でした。

■ 緑色の口紅が流行

江戸時代の白粉(おしろい)は、白一色。主に鉛白粉が使われていました。
白粉は水で溶いて指や刷毛で、顔や首、さらには襟、胸のあたりまで塗りました。
白粉の白さは地域によっても異なり、一般的には京坂の濃化粧、江戸の薄化粧といわれました。伝統を重んじる歴史の古い京坂と、粋を信条とする新しい江戸とでは、美意識の違いが、化粧(白粉)にもあらわれていたようです。
江戸時代後期には「美艶仙女香」という白粉が広く使われるようになり、浮世絵・人情本などにも頻繁に描かれました。
浮世絵が、現在の女性誌の広告のような役目も果たしていたのがうかがえます。
引用元-江戸時代の流行〜女性のメイク・ヘアスタイル〜<前編> / 女性のための美容とライフスタイルの情報サイトBimajin ビマジン

 - 雑学

ページ
上部へ