世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

ダメなの?大学の指定校推薦で入った大学を中退すること

   

ダメなの?大学の指定校推薦で入った大学を中退すること

大学の指定校推薦は日本ではそのほとんどが私立大学と公立大学で実施されています。

その指定校推薦で入った大学を中退することはダメなことなのでしょうか?

そこで、大学の指定校推薦などについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

指定校推薦で入った大学を中退すること

大学側の立場:
1)指定校推薦というのは、ある程度その高校から大学に受験者と合格者がいるという実績をもとに高校を指定して推薦してもらい人材を確保するというのが趣旨です。これから何がわかるかというと、その高校のレベルと大学のレベルの不一致はあまり少ないと考えています。

2)指定校推薦で入学した学生が留年や退学をすると「直ちにその高校に連絡が行き、報復として推薦を今後行わない」なんて事はありません。大手私大に限れば(私が大手私大勤務で自分の大学と知人の大学の事情くらいしかしらないので。
国立の知人も多くいますが、推薦は事情がことなりますからコメントはあまりできない)行いません。報復もありません。推薦の見直しは数年に1回で、私のところは5年に1回です。
推薦校を取り消す理由の一番は留年や退学ではなく「推薦をしてくれない高校だから」です。
まれに、留年が多いとか、退学者が多いからと推薦取り消しを行う可能性は否定はしませんが、報復ではなく、「その高校の進路指導の先生が、学生の要望や適性をうまく汲み取って推薦していないから」という理由です。数多くの指定校推薦校である特定の高校が留年が多いというのはめったにないので、おもに見直しは推薦をしてくれないからなのです。

引用元-大学を中退します。指定校推薦で入ったので高校の先生に話を… – Yahoo!知恵袋

指定校推薦で入った大学を中退するのはダメなこと?

入学が決まっていた学生が辞退したりすると、高校に対して制裁が課されますよね。生徒ではありません。また、大学は特定の生徒を選べません。
高校側に選んでもらう制度です。
それらを踏まえると、大学側は「辞退した生徒が悪い」のではなく、「辞退する生徒を選んだ高校が悪い」という認識なのでしょう。
だから、大学は高校が悪いと言っている。でも、高校や世間は辞退した生徒が悪いと言う。(かもしれない)つまり、大学は高校が悪いと言っているのに、高校やその他大勢は辞退をした生徒に非難を浴びせている状態なんですよね。これはおかしいでしょう。
高校側がとるべき行動は「いやいや、私らは頑張っていい生徒を選出しました!だから、後輩に迷惑がかかるような措置はしないで、制裁は生徒個人にやってください」と主張するべきではないでしょうか?

先ほども例を出したけど、高校が選んだ生徒の大半が辞退や中退をしている状況があれば、さすがに選んだ高校も悪いと言えそうだが、辞退や中退がたまに起きる程度ならば、客観的に見て高校は悪くないでしょうから、高校に制裁を課し、無関係な後輩を巻き込むようなやり方をする大学側が悪いわけですよね。
そういうやり方をしても法律上は問題ないわけだが、理屈からしたらおかしいわけですよ。制裁を課す相手を間違えているわけですから。
引用元-指定校推薦を後悔し辞退、やめたい、中退しても良いのでは?

大学の指定校推薦を辞退や中退するときは・・・

現実的には、辞退を望んでいる生徒を無理矢理入学させることはできません。
せいぜい説得するくらいでしょう。無理矢理入学なんかさせたら、それこそ強要罪等に問われる可能性がある。
辞退をするのは犯罪ではないが、無理矢理入学をさせたりしたら、それこそ犯罪になってしまうので、高校としてはできることは辞退をしそうにない生徒を選ぶしかないのです。辞退した生徒が問われるとしたら、約束を破ったという不誠実さの部分のみでしょう。
こういった部分には法律は介入できないので。

私は指定校推薦を利用しようという気持ちは高校生当時全くありませんでしたが、こうして大人になると、先輩の匙加減でどうにでもなるような制度なんだから、当てにすべきじゃないと実感しますよ。
入りたい大学の指定校推薦があったとして、それに学内選考で通るか?どうかの保障もないし、指定校推薦の枠がずっと残っているか?も分かりませんから。そういう不安定な制度なので、指定校推薦への希望は持ちつつも、どうしても入りたいならば、一般入試の準備もしておくべきだと思います。
引用元-指定校推薦で受かった大学に行きたくない、辞退や中退をしたい場合の考察 – リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

大学の指定校推薦とは?

指定校推薦(していこうすいせん)とは、推薦入学の方法の一つである。日本ではそのほとんどが私立大学と公立大学で実施されている。大学・短大・専門学校など(以降、大学等と略す)が、指定した教育機関(以降、指定校と略す)に対し推薦枠を与え、指定校では進学を希望する生徒に対して選抜を行い、大学等はその選抜された生徒に対して面接などの試験を行って合否を判定する入学試験の制度の一つ。

かつては、指定校は高等学校のみだったが現在ではECC予備校やECC個別指導学院や早稲田塾等の予備校や塾に対して推薦枠を設けている大学等も存在する。高等専修学校に通う生徒は、通学している高等専修学校と、連携している通信制高校の双方の指定校推薦枠が利用できる。
短期大学を指定校として3年次編入学指定校推薦を実施している大学が存在する。

高等学校でも指定校推薦入試を実施しているところが存在しており、首都圏の有名私立では早稲田実業学校高等部や明治大学付属明治高等学校での実施が見られる。島根県の公立高校の中には中学校を指定校とした指定校推薦入試(高校入試)を実施しているところが存在する。
引用元-指定校推薦 – Wikipedia

大学の指定校推薦を選んだ理由

僕の通っていた高校は進学校とは名ばかりで、国公立への進学率は低い数字に留まっていました。
高校3年生の春、進路選択に際して僕は大学進学を選びました。となるとどこの大学に行くかという話になるわけですが、教師からは東京大学か京都大学を勧められました。前述のとおり名ばかり進学校だったので、学校としても実績が欲しいという面もあったのでしょう。
3年の春の時点で模試の判定はC判定でした。

「勉強すれば十分合格できる。」

教師はこう言いました。僕も同意見でした。しかし、僕にとっては「勉強しないと合格できない。」ということのほうが重要でした。

進学という選択をした受験生にとって、高校3年生の1年間はとても重要な1年となります。真の進学校はもっと前から取り組むでしょう。どれだけ学力をつけて得点をのばせるか。そのためにどれだけ勉強をするのか。どんな勉強をするのか。大部分の受験生はこの高校3年生の1年間を受験勉強に費やすことになります。

僕はそれが嫌でした。

高校3年。18歳。青春まっただ中。思春期の集大成。この1年間を受験勉強に費やすのが嫌でした。18歳の感性は唯一無二のものなのです。どの年齢についても同じことが言えますが、とりわけ青春、思春期です。考えること、感じること、後にも先にも同じものは味わえません。

引用元-僕が受験勉強をやめて指定校推薦を選んだ理由 – 生かし屋さん。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ