世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

頭が揺れるのは病気!?本態性振戦という症状について

      2016/11/14

頭が揺れるのは病気!?本態性振戦という症状について

頭が小刻みに震えたり揺れる病気があるのはご存知ですか?

頭が揺れていていると周囲にいる人は気になりますが、本人に自覚がないこともあるようです。

頭が震えたり揺れたりする病気はどんなものがあるのか調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
女性が仕事で泣く原因や接し方はコレだった!

女性が仕事で泣くのはどんなときなのでしょうか?職場で女性が泣...

no image
子どもの熱が下がらなくて入院…原因不明の高熱は○○病かも!

子どもの熱が下がらなくて入院に…そんなことになったら心配や不...

no image
既婚女性はなぜ魅力がある?結婚後にモテル理由とは!

結婚して子供までいるのに、既婚女性はなぜ魅力的なのだろうか?...

no image
幼稚園の挨拶はどんなことを話す?入園式の挨拶の内容について

幼稚園の入園式で挨拶をしなければいけない場合はいったいどんな...

no image
主婦の保険料控除は年末調整で!忘れたら確定申告で申請しよう

専門家じゃないと難しい年末調整・確定申告・保険控除・・・専業...

no image
親権を父親が持つには?父親やが乳児の親権を持つ場合

離婚に伴う子供の親権、父親が乳児の親権を持つにはどうしたらい...

no image
浪人したい!そんな時、親を説得するポイントをご紹介します

希望の大学に行くために浪人したい! そんな時に親を説得...

no image
胎嚢が見えないのは流産したから?見えない原因を解説!

妊娠を確定する時に確認するのが胎嚢です。赤ちゃんを包んでいる...

no image
インフルエンザにもし旦那がかかったら子供と避難しよう!

予防接種をしたのに旦那がインフルエンザにかかってしまった・・...

no image
保育園の先生はモテるってホント!?保育園の先生の恋愛事情

保育園の先生は実はモテるということをご存知でしょうか? ...

no image
広汎性発達障害の特徴は一歳頃からわかる?その特徴を解説!

広汎性発達障害は、アスペルガー症候群や自閉症を含んだ発達障害...

a96046231a451016589402b406162567_s
会社のトイレでリフレッシュのために寝るのはテクと気遣いを!

会社で仕事中に睡魔に襲われたら、とりあえずトイレで数分寝ると...

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s
一人暮らしの部屋に友達が泊まりに来る!準備しておきたいことは

一人暮らしの部屋に友達が泊まり来るってちょっとワクワク。まず...

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s
レーヨンを洗濯で縮ませてしまった時のリンスの活用方法!

レーヨンで出来ている服はお洗濯できない事が多いです。 ...

3723c1e0d1d120579a5b75dfe16cc500_s
うっかりボールペンを衣服と一緒に洗濯!復活させる方法

洗濯が終わり開けてみると、なんか嫌な予感・・・ボールペンも一...

49385012d3e17bafacbf0e5f3dd0d136_s
ピアス洗浄!肌が弱い人でも大丈夫!オススメの洗浄方法をご紹介

ピアスの洗浄ってみなさんはどうやっていますか?毎日しっかりケ...

1b2ec4fe50d5aeb2a1254cac311c8a5a_s
スマホのバッテリーを復活させる簡単な方法まとめ

スマホのバッテリーが持たなくなってきた。これっていよいよ寿命...

82280ed1c26137dfdf83db086be0ec41_s
ニートになるのは親の責任が大きいが、それだけとはいえない

社会問題にもなっているニートや引きこもり。「そんなのは親の責...

9d06f58a897963d39439e71e573c1aed_s
スーツ着ているのにパンプスが脱げる…原因と対処法をご紹介!

スーツを綺麗に着こなしているのに、足元のパンプスはカパカパ脱...

1981e27a8844f205f47003a46d796107_s
こんな時どう対応する?クレーム謝罪で菓子折りを持参する時!

大切な取引先に迷惑をかけてしまった時のクレームなどで謝罪に行...

スポンサーリンク

頭が震えて揺れるのはどんな病気があるのでしょうか?

病気が心配になる震えですが、すべての震えが病気で引き起こされるわけではありません。例えば、精神的に緊張した時や寒い時などにおきる震えは生理的振戦と呼ばれ、病気ではない震えと考えられています。その一方で、病気により引き起こされる震えもあります。どのような震えがあるのでしょうか。

震えを引き起こす病気

震えを引き起こす病気として、
■パーキソン病
■本態性振戦
■甲状腺機能亢進症
■アルコール依存症
■肝性脳症
■脊髄性小脳変性症
などが知られています。特に、パーキソン病は多くの方の手足の震えの原因となっています。頭の震えの原因で言うと、本態性振戦が考えられます。
引用元-頭が震える原因として考えられる病気 | メディシル

本態性振戦は、明らかな原因がないにもかかわらず震えが起きる病気です。現在のところ、最も多い震えの原因と考えられています。特に、40歳以降の方に多く加齢とともに目立ちやすくなります。震えが酷いと生活に支障をきたしますが、震え以外に悪いところはありません。
引用元-頭が震える原因として考えられる病気 | メディシル

頭が震えて揺れる「本態性振戦」はどんな病気?

「本態性」って、どういう意味ですか?
医学用語で原因不明という意味です(ちなみに、「本態性という言葉は、高血圧にも使われています。原因がはっきりせず、体質で高血圧になる場合、本態性高血圧と言われます。多くの高血圧が本態性です」。本態性振戦は、「ふるえ」の病気ですが、「ふるえ」以外には悪いところはありません。つまり、「ふるえ」の体質と言えるでしょう。

引用元-みわ内科クリニック。本態性振戦の解説。生活習慣病、神経内科の病気の診療。

「本態性振戦」の症状は?
* 手のふるえ(字を書こうとするとペンを持つ手がふるえてしまう。はしを持つ手がふるえてつかめない。乾杯する時、ビールをつぐ時など水の入ったコップを持つとふるえる。じっとしているとふるえない。)
* 声のふるえ(特に人前で話すときに声がふるえてしまう。)
* 頭のふるえ(頭や頚が細かくふるえる。)

ふるえは、人前であったり、緊張したり、ストレスがあると特にひどくなりますが、それ以外には困った症状がありません
引用元-みわ内科クリニック。本態性振戦の解説。生活習慣病、神経内科の病気の診療。

放っておいても大丈夫ですか?
日常生活に問題がなければ様子をみていて大丈夫です。症状の程度も千差万別で、軽い人から重い人までさまざまです。しかし、「ふるえ」のために生活に支障がある場合や、ふるえに悩みを感じる場合には、治療を行ないます。
引用元-みわ内科クリニック。本態性振戦の解説。生活習慣病、神経内科の病気の診療。

頭が震える、揺れる、他の病気との見分ける方法や治療法は?

振戦の状況(じっとしている時に震えるのか、何かしようとする時に震えるのか)、範囲(手や足であれば片側なのか両側なのか)、他の症状がないか(動作が遅くなった、足が出にくくなった)、家族や親戚ら血縁者に同様の症状の方がいらっしゃるかどうか、常用薬がないか、といった質問で、パーキンソン病と見分けます。

パーキンソン病の他にも、振戦の原因となる病気が隠れていることがあります。脳卒中、アルコール依存、多発性硬化症、外傷性脳障害、甲状腺機能亢進(こうしん)症、糖尿病、肝障害、腎障害、薬剤などが挙げられます。
引用元-老化? 頭が小刻みに揺れる 特集・福井のドクター相談室 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト

症状が軽い場合には、治療が必要ないことも少なくありませんが、日常生活に支障を来しているのであれば、まず薬物療法が行われます。他には、ボツリヌス毒素療法や手術療法などがあります。

振戦は、神経内科医が診る中で比較的多い症状です。お悩みの場合は、神経内科医のいる施設の受診をお勧めします。
引用元-老化? 頭が小刻みに揺れる 特集・福井のドクター相談室 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト

頭が左右に揺れるが本人の自覚はない場合、何科を受診したらいい?

ご本人様は、顔のゆれに関しては自覚なさっていないとのことですが、めまいもあるようですし、ご主人様とご一緒に神経内科への受診をおすすめいたします。

希望なさっていた質問の内容とは方向性が異なるかもしれませんが・・・老婆心まで。
悪しからず了承ください。
引用元-顔が左右にこまかく揺れる – 神経の病気 解決済 | 教えて!goo

身内の振るえと眩暈で、何度か付き添った事があります。

診察を受けられるなら、神経内科か耳鼻科ですが頭が揺れているのに、眩暈を感じていないなら神経内科の方が良いかと思われます。

寝不足で眩暈は…まぁ、あっても不思議ではないですよ。

ご本人が気付かれていないなら、突然教えられても不安でしょうし、最初は病院に付き添ってあげたほうが良いかもしれませんね。
頑張って下さい。

引用元-顔が左右にこまかく揺れる – 神経の病気 解決済 | 教えて!goo

幼少期に頭が揺れる病気もある

チック症ってご存知ですか?

チックは幼少期(乳幼児期から学童期、3~7歳)に多くみられるもので、突発的に瞬きをしたり、顔をしかめたりするほか、咳払いなどをする状態です。

意図的ではなく、また、目的もなしに行われます。

通常、心と体が成長するにつれてこのような症状は緩和されていきますが、緩和されずに慢性化したものをチック症(トゥレット症候群)と呼びます。

また、子供だけのものでそのうち治ると言われていますが、大人になっても改善しなかったり再発することもあるので要注意です。
引用元-チック症情報室

チック症対策はどんなことをすればいいの?

チック症の対策としては、その症状をあまり指摘ないようにしたり、リラックスできる環境を整えることが挙げられます。

またその他に、チックの症状がひどくなるケースを特定し、避けるようにするなども対策もあるんですよ。

こういった対策にプラスして、ストレスケアを行うのも有効です。

ストレスがたまりすぎたことをきっかけに、チックの症状が発症している少なくないですからね。
引用元-チック症情報室

 - 病気・薬

ページ
上部へ