世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

デパスの使用歴が長いと副作用で認知症に?

      2016/11/22

デパスの使用歴が長いと副作用で認知症に?

デパスの副作用にはどのような症状があるの?高齢者が服用すると認知症の発症率が上がるって本当?

デパスはどのような症状の時に処方される薬なの?

ここではデパスの副作用や認知症とのつながりについて調べてまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4c3db8ed60a2143d1c80f46b4aef71ab_s
nt(胎児の後頚部浮腫)とは?そのリスクについて解説します

nt(胎児の後頚部浮腫)の宣告・・・これってママにとってはシ...

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s
ロキソニンとカロナールの併用はOK?併用する場合の注意点

ロキソニンとカロナールどちらも鎮痛剤だけど、併用しても大丈夫...

611616
マネージャーの部活の役割!バスケ部マネージャーのお仕事

学生時代に部活でバスケ部のマネージャーをした経験のある方はい...

622862
電話が苦手で、なかなかかけることが出来ない人必見!

電話をかけるのが苦手と感じる人の理由は? 面と向かっての対...

626664
赤ちゃんの体重増えすぎの原因や対策について紹介します!

赤ちゃんの体重が増えすぎ場合の対処法について 母乳の場合は...

117816
生理痛による腰痛に効果的な湿布についてまとめてみました!

生理痛による腰痛は温湿布で温めるべきなのか? 生理痛の原因...

474632
心臓がドキドキしちゃう!恋するメカニズムを徹底解剖!

恋をして心臓がドキドキとすると体は、一体どうなるの? 好き...

562251
子供を児童養護施設に預ける条件などについて説明します

児童養護施設に子供を預ける条件について 親の離婚や病気、ま...

613569
大学で部活に入ったけどやめたい時はこのようにすればいい!

大学で部活に入ったけど辛くてやめたいと思っている人はいません...

564425
大学の先生に好意を持ってしまった…アピールする2つの方法!

大学の先生に好意を持ってしまう学生さんは多くいませんか? ...

プリント
【nhk解約方法】実感に帰る場合の手続きは簡単です!

一人暮らしを解消して実家に帰ることになった場合、契約してるn...

589834
大学のテストで赤点をとらないためにはこうやって勉強しよう!

大学のテストと高校のテストの赤点の違いを知っていますか?高校...

172922
大学の遅刻は何分まで許される?甘えの要因について

大学生が授業に遅刻をするのは何分まで許される? 少し遅...

628929
面接で緊張して笑顔なんかできない?笑顔だって練習できる!

受験、就職、アルバイト…人生には面接という場面必ず登場するも...

241012
彼女は怒るときでも可愛い!彼氏にそう思わせるコツ

彼氏が怒っている彼女を見て可愛いと思う瞬間があるのをご存知で...

460519
脳が色の認識をしているってホント?気になる視覚情報について

目ではなく脳が色の認識をしているんです!? 男性と女性...

432580
旦那の仕事がなかなか決まらない…そんな時妻がやるべき事!

旦那さんの仕事がなかなか決まらないと不安になっている奥さんは...

623136
窓用エアコンの効果は?設置するメリットとデメリット!

窓用エアコンを知っていますか?気軽に購入でき、設置工事もない...

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s
女性が仕事で泣く原因や接し方はコレだった!

女性が仕事で泣くのはどんなときなのでしょうか?職場で女性が泣...

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_s
子どもの熱が下がらなくて入院…原因不明の高熱は○○病かも!

子どもの熱が下がらなくて入院に…そんなことになったら心配や不...

スポンサーリンク

デパスの副作用として認知症を発症する事がある?

デパスは強い抗不安作用を持つため不安を和らげるために頼れるお薬です。また筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)、催眠作用(眠くする)もあるため、心身のリラックスにとても役立ちます。

しかし効果がしっかりとあるという事は、それだけ副作用にも気を付けないといけないという事です。

デパスは精神科・心療内科を中心に、内科や整形外科など幅広い科で処方されるお薬です。一説では精神科以外の科での処方量の方が多いのではないかとも言われているほど、多くの科で処方されています。
引用元-デパス錠の副作用と安全性【医師が教える抗不安薬のすべて】

デパスに限らず、ベンゾジアゼピン系のお薬は心身をリラックスさせるはたらきがあるため、頭がボーッとしてしまい物忘れが出現することがあります。

実際、ベンゾジアゼピン系を長く使っている高齢者は認知症を発症しやすくなる、という報告もあります

引用元-デパス錠の副作用と安全性【医師が教える抗不安薬のすべて】
適度に心身がリラックスし、緊張がほぐれるのは良いことですが、日常生活に支障が出るほどの物忘れが出現している場合は、お薬を減薬あるいは変薬する必要があるでしょう。
引用元-デパス錠の副作用と安全性【医師が教える抗不安薬のすべて】

デパスは高齢者には副作用で認知症の症状が?

「抗コリン作用のある薬を高齢者に投与すると認知症のような症状が出ることがある。薬を中止すれば症状はなくなる」。
以前この部分を拡大解釈して向精神薬の罪過が大げさに報道され、その後の追跡調査を経て何も言われなくなりました。
抗コリン作用を持つ薬は向精神薬だけでなく、医療用だけでなく、市販薬の中にも多数あります。また、それらの薬を継続的に服用しなければならない人もいます。

私も精神疾患患者の一人ですから、医療者や製薬会社の肩を持つわけではありませんが、このような報道で向精神薬がとかく標的にされることには恣意的なものを感じます。
データにしても○人に副作用という数字が強調され、全体数=分母や、有効数は分かりにくくされているものが多いです。そのような情報は鵜呑みにせず冷静に読み解く必要があると思いますね。

ただし最近の若い人たちが、人生において誰もが通過する試練や悩みを、安易に薬で解決しようとすることには反対です。体への影響というより、本来あるべき心の成長の機会を奪うと思うからです。
簡単に医学的治療をすすめる回答には、心配になることも度々あります。
質問者様の健康診断医も、そのような面を危惧して多少オーバーに言われたのではないでしょうか。そもそも身体科の医師は向精神薬に否定的ですから。
引用元-精神科系の薬は認知症を誘発する恐れがある事をご存知ですか? – 私はデパスを長… – Yahoo!知恵袋

デパスの副作用で認知症のリスクが高まるのは使用歴が長いから?

デパスの副作用として懸念されることが多いものの一つとして知られるようになってきたのが高齢者の認知症になるリスクを高めるというものです。

これは65歳以上の高齢者を対象とした臨床試験の結果として判明したことであり、ベンゾジアゼピン系の薬を使用しているとその使用量が多く、使用歴が長いほど認知症になってしまうリスクが高まるということが示されています。

認知症になる確率とはオッズ比で1.51とされており、その使用歴などによっても異なりますが、およそ50%程度の増加が見られるという理解が広まっています。
こういった臨床試験はデパスを用いて行われたものではなく、ベンゾジアゼピン系の薬剤をいくつか用いて行われたものであるものの、広くベンゾジアゼピン系の薬剤を使用した際にあるリスクとして理解されています。

高齢者に対してしかその研究が行われていないものの、若いうちからデパスを使用していると使用歴が長くなってしまうことになり、その分だけ認知症の発症リスクは高まると考えるのが妥当でしょう。

長期的に服用することは避けるに越したことはないというのが現状の研究成果からわかることです。
引用元-デパスの副作用で認知症になる確率~高齢者だけなのか?

デパスは副作用が少なく安全性が高い?

安全性が高く、依存しづらいのも特徴で、神経症やうつ病など精神的な不具合のほか、心身症のような体の不調が前面的に出る病気にも使われます。

また、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭や頚椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気にも使われています。これらの幅広い病気に対応できるのは、副作用が少なく安全性が高いからです。
引用元-デパス錠0.5mgの効果や副作用!認知症と関係があるの? | カレントポスト

重い副作用がないとはいえ、不安になる事もあると思います(そもそも不安に感じることが多い人に処方される薬です)そんな場合はお医者さんの説明を受けて、きちんと納得したうえで服用するようにして下さい。

薬は飲んだが薬を飲んだことが不安になって落ち着かないのでは、服用する意味がありあせんのできちんと納得する事は大切です。

また、デパスを服用すると認知症になる!!と言う情報も飛び交っていますが、私が調べた限りではそのような因果関係は見つかりませんでした。

実際に、服用して認知症らしき症状が出ているという書き込みなども読んでみましたが、服用している量が凄く多かったり(もしくは量は書かれていなかったり)で個人的には、デパスと認知症に関しては調べがつきませんでした。
引用元-デパス錠0.5mgの効果や副作用!認知症と関係があるの? | カレントポスト

デパスのどのような症状に効果があるの?

睡眠薬デパスの効果

睡眠薬デパスは、大脳辺縁系や視床下部に作用して、不安や緊張などを取り除き、睡眠作用や筋緊張緩解作用を促します。
神経症における不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱症状、うつ病における不安や院長、統合失調症、パニック障害、心身症、高血圧症などの治療に使用される薬でもあります。

また、肩こりや腰痛、胃潰瘍などにも効果があると言われています。服用すると、眠くなる効果のほか、リラックスする、行動的になる、食欲が増す、気分がスッキリする、という効果を感じる人が多いとされています。

また、デパスは頭痛にも効果があると言われている薬です。それは、筋収縮性頭痛や緊張型頭痛に効き目を現すとされています。ただし、鎮痛剤のような効果ではなく、安心作用で傷みが緩和されるようです。

効果が高いと言われているデパスは、比較的副作用が少ないので、幅広い診療科で処方されている薬です。短時間でベンゾジアゼピンの5~5倍の効き目があると言われています。

ジェネリック医薬品としては、セデコパン、エチカーム、アロファルム、デゾラム、エチセダン、ノンネルブ、メディピースなどがあります。
引用元-睡眠薬デパスの効果と副作用

 - 病気・薬

ページ
上部へ