世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

納豆と豆腐は健康に良い!ただし、食べ過ぎるのはNG

      2016/11/14

納豆と豆腐は健康に良い!ただし、食べ過ぎるのはNG

納豆と豆腐が健康に良いのは知っている方も多いことでしょう。

しかし、健康のためには、納豆と豆腐ばかり食べ過ぎるのは注意が必要だそうです。

そこで、納豆と豆腐を食べるときのポイントについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

a96046231a451016589402b406162567_s
会社のトイレでリフレッシュのために寝るのはテクと気遣いを!

会社で仕事中に睡魔に襲われたら、とりあえずトイレで数分寝ると...

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s
一人暮らしの部屋に友達が泊まりに来る!準備しておきたいことは

一人暮らしの部屋に友達が泊まり来るってちょっとワクワク。まず...

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s
レーヨンを洗濯で縮ませてしまった時のリンスの活用方法!

レーヨンで出来ている服はお洗濯できない事が多いです。 ...

3723c1e0d1d120579a5b75dfe16cc500_s
うっかりボールペンを衣服と一緒に洗濯!復活させる方法について~

洗濯が終わり開けてみると、なんか嫌な予感・・・ボールペンも一...

49385012d3e17bafacbf0e5f3dd0d136_s
ピアス洗浄!肌が弱い人でも大丈夫!オススメの洗浄方法をご紹介!

ピアスの洗浄ってみなさんはどうやっていますか?毎日しっかりケ...

1b2ec4fe50d5aeb2a1254cac311c8a5a_s
スマホのバッテリーを復活させる簡単な方法まとめ

スマホのバッテリーが持たなくなってきた。これっていよいよ寿命...

9d06f58a897963d39439e71e573c1aed_s
スーツ着ているのにパンプスが脱げる…原因と対処法をご紹介!

スーツを綺麗に着こなしているのに、足元のパンプスはカパカパ脱...

1981e27a8844f205f47003a46d796107_s
こんな時どう対応する!?クレーム謝罪での菓子折りを持参する時!

大切な取引先に迷惑をかけてしまった時のクレームなどで謝罪に行...

43e2ba89a75f6194b2551bf81316b588_s
イケメンを目の前にした時、女性の態度や反応が変わる瞬間!

イケメンを目の前にした時の女性の反応や態度が一気に変わる…そ...

3f15e3695d50cb6a58de84bf6a480e46_s
ヤバい!バイト先の先輩がかっこいいんですけど!

バイト先の先輩がかっこいいからテンションがあがりまーす! ...

14ab6f9628c20b55c041d23cc7b17961_s
いつの間にかコバエの幼虫が冷蔵庫に!原因と対処法!

きちんと密閉されているはずの冷蔵庫内になぜかコバエが!幼虫が...

69375d44935506ca8b5d4b0e91a02559_s
レーヨンやナイロン素材の衣類。毛玉ができやすいのはどっち?

レーヨン素材は扱いにくく小さな毛羽立ちのような毛玉ができやす...

6f319f3f65d239bb4e585ce85dcf1d47_s
ステンレス鍋の磨き方!紙やすりが使える理由!

みなさんステンレス素材の鍋や包丁はお持ちですか?そして錆びて...

602678
過食で下剤でのダイエットは効果はある?ダイエットの危険性について

過食での下剤ダイエットは正しいor危険?そのやり方・効果・危...

605158
フィラリアの薬は体重により量が変わる!フィラリアの薬について

フィラリアのお薬とはいったいどんなものなのでしょうか? 犬の...

610440
ネイルで爪に痛みが・・・その理由と対処法を教えます!

今やネイルは女性にとってファッションの一部。でもネイルをして...

276875
あなたは何day?1dayコンタクトの連続使用がもらたす影響

1dayコンタクト・・・あなたはきちんと1日使用で交換してい...

102227
バイトの店長に嫌われてる!?店長に好かれるバイトになる方法

最近、シフトがなんだか少ない!?もしかしてバイト先の店長に嫌...

174394
隣人騒音問題!夜、隣人の騒音がうるさい時の対処法

夜間に隣の部屋がうるさくて眠れないなどお悩みの方はいませんか...

368718
勉強に眠気はつきもの!眠気が起きる原因と対処法

勉強をすると眠気が起きて進まないとお悩みの方はいませんか? ...

スポンサーリンク

健康のためには、納豆と豆腐の食べ過ぎ注意報!

体にいいと言われる豆腐や納豆などの大豆製品も、食べる量に気をつけていただきたい食品です。栄養士との会話の様子をのぞいてみましょう。

最近、豆腐とか納豆とか、毎日食べるようにしていますよ。

毎日、豆腐や納豆を食べるようになったきっかけは、どのようなことだったのですか。

コレステロールとか血糖値とかずっと高くてね。
野菜を増やしたほうがよいと思って。豆腐ならカロリーが低いし、おなかもいっぱいになるし、いいかなと思ってね。

野菜を増やすことはよい心がけですね。
でも、豆腐など大豆製品は、たんぱく質が多く含まれているため、野菜とは別のグループ、お肉やお魚のグループとして考えてくださいね。
豆腐や納豆は、1日どのくらい召し上がっていらっしゃるのですか。

あ~野菜とは別なんですね。
朝、納豆1パックでしょ。昼は社食で豆腐の小鉢があれば追加して、夜は豆腐1丁くらいかな。
これから寒くなってくると湯豆腐で1丁くらいは簡単に食べちゃいますよ。夏は冷ややっこで食べていたけれど、それくらい食べてもいいですか。

もし、1日のうちに、お豆腐や納豆のほかにも、お肉やお魚、卵を使った料理を召しあがっている場合は、お豆腐を毎日1丁、約300gは多いですね。
たとえば、同じ重さの豆腐と豚肉を比べた場合、豆腐のほうがカロリーは低く、カルシウムを多く補うこともできますが、大豆製品も、どの食品も食べ過ぎは体に影響を与えますよ。

引用元-第12回 「お豆腐」食べ過ぎ注意報! | 食事プラスワン | 同友会グループ

健康に良いが、納豆と豆腐ばかり食べ過ぎるのはNG!

確かに毎日食べたい納豆とお豆腐だが……

納豆には良質のタンパク質をはじめ、皮膚や髪を育てるビタミンB群も豊富。納豆菌の整腸効果やビタミンKによる骨粗鬆症予防効果、ナットウキナーゼによる血液サラサラ効果、血圧降下効果があります。

豆腐にはタンパク質のほか、抗酸化作用のあるサポニン、老廃物を排出してくれるカリウムが含まれています。どちらも大豆イソフラボンが豊富に含まれており、年中安く買えるのも嬉しいポイント。

確かに毎日でも食べたいのですが……。

イソフラボンは摂取量が決められている

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、過剰に摂取すると逆に女性ホルモンのバランスが崩れて生理不順を引き起こしたり、乳がんや子宮内膜症のリスクを増やしてしまうといわれています。

加齢などで減って不足しがちなイソフラボンを摂るために大豆製品が推奨されていました。しかし最近はサプリメントでイソフラボンを摂る人も多いため、「大豆製品ばかり摂取し過ぎると過剰摂取となりますよ」と国でも注意喚起しているのです。

1日あたりの摂取目安量上限は70~75mg。そのうちサプリや健康食品で摂取する量は30mgを上限とされています。納豆なら1パック、豆腐なら半丁がイソフラボン50mgに相当します。妊婦さんが大豆や納豆を毎日食べていたことで赤ちゃんが大豆アレルギーになる、なんて話もあります。
引用元-いくらヘルシーでも、納豆と豆腐ばかり食べ過ぎるのはNG! | nanapi 【ナナピ】

納豆・豆腐は健康に良い!「納豆」の栄養素

知っておきたい!「納豆」4つの基本の栄養素

①「血栓のつまりを防ぐ」効果!
納豆に含まれているナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる効果があるので、脳梗塞などの怖い病気の予防になるといわれています。

②ビタミンBなど「美肌によい成分」がたっぷり♪
納豆に含まれるビタミン類の中でも代謝を促し、美肌づくりに重要な役割を果たすビタミンBが豊富なんです!他にはタンパク質が筋肉や髪・爪を美しくしてくれますよ♡

③酵素でダイエット効果を期待できる!
話題の酵素が豊富な納豆。そのため納豆を食べることで、美肌づくりや健康、ダイエットにも良いそうです!

④食物繊維で「腸内環境改善」♪
納豆は食物繊維もたくさん含まれているんです。納豆を食べれば腸内がキレイになっていきます。便秘が改善されるというわけですね~。

さらに「夜納豆」にすると効果は倍増!!

①ナットウキナーゼは夜活動!
ナットウキナーゼという酵素は、夜に活性化するようです。なぜなら納豆を食べてから10~12時間近くナットウキナーゼが働くといわれているからなんですね。血栓は夜できやすいので、夕食で納豆を食べておけば、寝ている間にナットウキナーゼが血流を良くして予防効果を期待できますね!

②お肌が活性される夜に効く!
人間が眠りについて2~3時間、よく聞くお肌のゴールデンタイムに納豆のアルギニン成分が成長ホルモンの分泌を促してくれるんです。
引用元-夜に食べるといい!?納豆の恐るべきパワーと効果的な食べ方をご紹介|CAFY 【カフィ】

これが疲れない食品だ!納豆・豆腐

タンパク質は大豆からとる。長生きしたければ、これは鉄則だ。
引用元-1日2食健康法 – これが疲れない食品だ – 豆腐

「畑の肉」といわれる大豆こそ、人間が摂取するにふさわしい、理想的タンパク源だ。
タンパク質自体が肉よりも良質であるうえに、BSE問題などまったく無縁である。
ダイオキシンや抗生物質、病原菌や発ガン物質といった、肉が抱える問題の一切を回避できる。
そのうえ家計にもやさしい。牛や豚を殺さなくてすむから、動物にもやさしい。
肉はパーティーの席で少量つつく程度にして、毎日の生活ではズバリ大豆を副食の中心にすえるべきだ。

さてその大豆、いいところだらけのようではあるが、ただひとつ欠陥がある。
料理するのがタイヘンなのだ。
大豆はそのままでは食べられない。いちおうフライパンで焼けば食べられなくもないが、消化に悪い。
煮豆にすればだいぶ食べやすくなるが、手間がかかる。6時間以上水に浸してから、圧力鍋で2時間調理しなければならない。それでもまだ完全に消化がよくなったとはいえない。
そこで日本人は、昔から生活の知恵を使って大豆をさまざまな加工食品にしてきた。
すなわち、豆腐、納豆、みそ、しょうゆがそれである。
これで消化吸収力はグッとアップしている。そのうえ摂取するのに手間がない。

引用元-1日2食健康法 – これが疲れない食品だ – 豆腐

納豆と豆腐を毎日食べることの効果

豆腐や納豆というのはアルカリ性食品で健康にいいっていわれるでしょ。植物性の良質なタンパク質がたくさん含まれているから毎日食べてもいい、と薦めるお医者さんもいるようだけれど、人によっては健康を損ねるから注意してください。

豆腐は「豆が腐る」と書くでしょ。確かにタンパク質は豊富に含まれているけれど、陰陽でいえば陰性で体を冷やす。これは豆腐にたくさん含まれるカリウムという陰性の元素の働きなの。夏の暑いときの冷奴(ひややっこ)は体を冷やしてくれるのでいいとしても、真冬に食べると体の中からしんしんと冷えるので、寒がり屋になってストーブやコタツが欠かせなくなってしまいます。ついでに言っておくと、子どもが高熱を出したときは豆腐を手当てに使うと早く熱が下がります。これは食養では常識。

昔の人も大豆や豆腐は食べていたわけだけど、食べ方を考えてみてください。
大豆を炊くときには、昆布とかニンジンとかレンコンとか、いろんな具材をたっぷり入れて、火にかけてしっかり炊いていたし、豆腐にしても味噌汁に入れたりするでしょう。そうやって陰と陽を調和させていたわけですね。
引用元-納豆や豆腐を毎日食べることの効果を検証!! | それホント ?!

 - 健康

ページ
上部へ