世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

休日の仕事の連絡が入る時の対処方法をご紹介

      2016/12/23

休日の仕事の連絡が入る時の対処方法をご紹介

せっかくの休日に仕事の連絡が入ったらどうしますか?

休みなのに心が落ち着かなくなったり、気分が落ち込んだ…なんて事もありますよね。

そんな電話はどうしたらいいのか?休日に会社から連絡が入った場合の対処方法などをご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

休日に仕事の連絡にはこんな実害が!法的にもNG

◆休日気分が電話一本で潰されるストレス。

◆時間が潰される。

◆スルーすると翌日絡んでくる。

・これ、上司が自己愛性人格障害か境界性パーソナリティ障害なんじゃないだろうか。
引用元-休日に上司からの連絡は違法(罰則あり)|ビジネス|embryo

法的には?

◆日本では労働基準法により、既に時間外の業務連絡が違法となっている。

・罰則規定あり。

・時間外の業務連絡がしたいのなら、全ての時間が待機時間とし、その分の給料を払わなければならない。当然22時から朝の5時までは深夜割増で。

ちなみに宅配ピザの料金の殆どは配達スタッフを常に待機させる人件費らしい。

・なんか労基が本気出せばブラック企業根こそぎ潰せるんじゃないかという気もするな。本気出せば。

◆ドイツでは「反ストレス法」としてこのような迷惑行為を禁止する動きがある。

・規模としては州政府で提案されているだけだが。

内容としては、時間外の労働者に対しての電話やメールを禁止する、というもの。

◆休日は拘束時間外の場合。

・メールの返信すらしてやる義務はない。

・電話に出てやる義理もない。

引用元-休日に上司からの連絡は違法(罰則あり)|ビジネス|embryo

休日に上司から仕事の連絡が入る時の対処方法は

休日に上司から連絡が来ることを迷惑に感じる場合は、どのように対処したらいいのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

「この上司は、典型的なワーカホリックですね。ワーカホリックであることを調べるテストには、『休日にも仕事のことが頭から離れない』という旨の項目があります。こういう人は、休日であろうと構わず連絡をしてきます」(内藤先生)

ワーカホリックを直訳すると「仕事中毒」。ギャンブル中毒やアルコール中毒とは異なるものだと考えられることもあるようだが、内藤先生のよると本来はセラピーを受ける必要があるものだという。

■休日中は電源OFF!適度な距離を自主的につくることが大切

上司にセラピーを受けるよう勧めるのは気が引ける。実際にこういった上司の下で働いている人はどうすればいいのだろう?

「例えば、休日にはスマホの電源を切っておくなど、自衛することが大切です。たとえ、その間に返信を催促するメールが届いていたとしても、休日明けに謝ればいいのです」(内藤先生)

しかしビジネスパーソンにとって、上司からの評価は気になるもの。本当に無視してしまっていいのだろうか。

「休日に届く上司からの連絡をストレスだと感じているわけですから、自分の健康を最優先に考えるべきです。評価というのはあくまでも勤務時間内のものであるべきです。評価を気にするばかりに健康を害してしまっては元も子もありません」(内藤先生)

ワーカホリックの上司に振りまわされない環境は、自分でつくるべきだと考えるほうが良さそうだ。
引用元-休日に仕事の連絡をしてくる上司への対処法 - ビジネス・キャリアコラム | goo求人&転職

特殊な仕事以外は、休日に仕事の連絡に応じなくても大丈夫

会社によっては労働者本人の怪我や病気、または冠婚葬祭など特別な事情がない限り有給休暇を取らせなかったり、レジャーなどの私的な理由で休暇を取ることができないという暗黙のルールが存在していることもよくあります。

しかし、休暇というのは労働時間ではありません。
会社との労働契約はあくまでも労働時間の中でのみ有効なものですから、原則として会社は休暇中の労働者に業務命令を下すことは出来ません。

従って、休暇中に連絡を受けられる状態にしておけと命令する権利も、連絡先を教えることを強要する権利も、少なくとも法律の上では認められていないと解釈できます。

休暇中でも連絡に応じないと同僚に迷惑をかけると思う人も多いようですが、そもそも会社には誰かが休暇を取った時でも会社の業務に支障が無いような体制を確保しておく責任があるのです。

ただし、例えば医師や災害時に労働力を提供する特殊な職業についている場合、つまり「もしもの時の連絡」が不可欠だと考えられるケースでは、休暇中でも可能な限り連絡を取れる状態にしておくことが労働契約の中に含まれていると解釈される事もあります。
引用元-休暇中の連絡は拒否したい! | 労働基準法違反を許すな!労働者

しかし休日に仕事の連絡をマナー違反とは思わない人も

「マナー違反だと思わない」を支持した人たちにはどのような理由があるのでしょうか?こちらも詳しく見てみましょう。

<「思わない」派の意見>

■仕事だし……

・「必要なら仕方ない」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「休みの日はできるだけ連絡を控えるべきだと思うけれど、緊急事態は仕方がないとは思う」(32歳/不動産/専門職)

・「仕事が急務な場合もあるから仕方ない」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

緊急を要する案件で、今対応しなければ、あとで大変なことになるような事態であれば、休日の連絡も致し方ないでしょう。

■少しくらいなら……

・「ちょっとした連絡しかないので。かまわないです」(32歳/建設・土木/技術職)

重い案件ではなく、ちょっとした連絡くらいならきてもかまわないという意見も。

休日に仕事の連絡をもらう……確かに嫌な気分になることもありそうですが、緊急な事態であれば仕方がないという意見が目立ちました。休日も仕事に関わらなければならなくなるような事態が発生しないことが一番ですね。あなたは、仕事の連絡を休日にしてくるのは、マナー違反だと思いますか?
引用元-えっ、休みなのに仕事の話!? 仕事の連絡を休日にしてくるのは、マナー違反だと思う?|「マイナビウーマン」

自分の会社に「36協定」があるかどうか確認を!

日本では「時間外の業務連絡」は違法

「実は、日本では、このような行為は、すでに労働基準法によって禁止されています。しかも、違反した場合、使用者への罰則規定もあります」

すでに日本の労働者は「反ストレス法」と同じ趣旨で守られていたのか。しかし、夜間や休日を問わず上司などからかかってくる「職務の電話」は、多くの会社で日常茶飯事ではないか。

「いいえ。もし、労働者が、就業時間外の電話やメールに対応しなければならないとすると、それは『手待ち時間』ということになり、すべての時間が賃金の対象となる労働時間になるのです。

午後10時から翌朝5時までは深夜労働時間帯ということになり、割増賃金を支払う義務が定められています。これらを支払わない場合は、罰則が課せられます」

そうすると多くの企業は、労働基準法に違反しているということにならないか。

「はい。そもそも、一日8時間を超えた労働をさせること自体が、罰則付きで禁止されています。しかし、例外があるため、現実的には法律の趣旨は無視されています」

例外のある企業とはどんな企業なのだろう。

「例外とは、『36協定』と呼ばれる労使間の協定がある場合です。労働時間を延長して残業や休日の労働も可能にする協定ですが、行政官庁に届ける必要があります。ただ、それがあっても、勤務時間外の職務連絡は、賃金や割増賃金を支払わなければ、使用者が刑罰の対象となります」
引用元-実は日本で禁止されていた「勤務時間外の業務連絡」 違反した場合は罰則も – ライブドアニュース

 - 仕事

ページ
上部へ