世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

辛い下痢で病院へ行く場合は内科でいいの?その疑問を解決!

   

辛い下痢で病院へ行く場合は内科でいいの?その疑問を解決!

たかが下痢、されど下痢・・・もし下痢で辛い時、病院へ行くとしたら内科で良いのでしょうか?

近所の内科クリニックとかでもいいの?内科より専門的に診てくれるのは消化器内科?

長引く下痢で病院へ行く場合の考え方について教えます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

突然襲う下痢で病院に行くなら内科でいいの?

下痢というのは、腸管から正常に水分を吸収できなくなってしまう状態です。腸管の病気の専門は正確に言えば消化器内科や胃腸科を標榜している病院になります。

しかし急に起こる下痢のほとんどが感染性の腸炎によるものであり、専門的治療は要さずに回復することも事実です。

したがってまずその下痢が専門的な治療を必要するかどうかを判断するため、「~内科」と書いてあるクリニック、または一般外科、消化器外科のクリニックで充分対応してもらえます。

専門的な病院でなく、これらの一般的な内科や外科のクリニックであっても、口から水分をとれないほど重症であれば点滴による治療が可能です。

また、下痢の症状があまりにひどければ下痢止めの薬を処方することももちろん可能です。

また、ノロウイルスが原因かどうか調べるための迅速検査は、費用がほとんどの方で自費になってしまう上に、診断しても治療は変わらないので、検査してもらう際には注意が必要です。
引用元-原因不明の急な下痢!何科にかかるのが正しいの?

下痢で病院へ行くなら消化器内科がベスト!

妹が、とてもおなかを壊しやすい体質です。
子供の頃からずっと続いていて、食べ物が合わなかったり、精神的なストレスを感じるとすぐに下痢になってしまいます。

妹は、なるべくおなかの刺激にならないように、冷たいものを避けて、消化の良い食べ物を選んでいますが、なかなか治りません。まだ若いですが、おなかを冷やさないように、腹巻をいつもつけていて、スカートは履かずにパンツルックです。

それでも、長引く下痢というのは、本人が一番つらいです。妹もようやく病院へ行く気になったようですが、何科を受診すればいいかが分かりません。

内科あたりで診察してくれそうですが、きちんと見てくれるのは何科か調べてみると、消化器内科や胃腸科であることが分かりました。
下痢止めの薬を出すだけでなく、原因からきちんと見てくれる評判のいい病院を探し、受診してみたそうです。

妹の話をよく聞いてくれる医師で、薬は出してくれましたが、生活習慣やストレスの解消から治療を始めてはどうかと進めてくれました。妹は、それから早寝早起きをして、食事も三食きちんと食べるようになりました。

下痢だからと、偏った食事を続けていましたが、それも改善されて、少しずつ元気になってきました。
引用元-下痢は何科を受診するべきか Doctors Me(ドクターズミー体験談)

嘔吐下痢の症状で病院へ・・・内科だったらどんな診察内容になるの?

現在、感染性胃腸炎が流行していますから、嘔吐、下痢の症状だと、医師はまず感染性胃腸炎を疑うと思います。
診察は聴診、喉の視診、腹部の触診ですね。必要があれば血液検査をする医師もいます。

ノロウイルスなどの検査を行っている病院は僅かですので、一般病院では患者さんの症状、医師の経験、周囲の流行状況などから診断します。
処置は特に行ないませんが、嘔吐、下痢がひどい患者さんには点滴治療を行います。
薬は、整腸剤を主に、患者さんの症状に合わせて、吐き気止め、腹痛を止める薬、下痢止め、解熱剤などが処方されます。
引用元-嘔吐下痢の症状が出て内科に行った場合、どのような診察が行われますでし… – Yahoo!知恵袋

私、家族の場合・・・です。
まず、おなかが動いているか聴診、触診しました。
子供は腹部レントゲンもしました。

水分も取れない、すぐに吐いてしまう時は、点滴。
吐き気止めにナウゼリンもいただきました。
あとは、整腸剤と水分で様子をみて・・・・2~3日でよくなりました。

ノロかロタか風邪か・・・を検査するには、時間とお金がかかるし、結局は安静と毒素が排出されるのを待つしかないとのことで、要求がないかぎりノロの検査はしないという説明でした。
引用元-嘔吐下痢の症状が出て内科に行った場合、どのような診察が行われますでし… – Yahoo!知恵袋

水下痢が長期間続く場合は病院へ行くべき?

短期間で症状が治れば問題ありませんが、中には水下痢が続くが長期間継続して発症してしまう病気にかかってしまうことがあります。

そのような場合には自己ケアや応急処置では治らないため、病院を受診して治療を受けるのが正しい選択肢となります。

基本的にこういった症状が発症している場合においては、内科を受診することで適切な治療が行えます。

内科では細菌検査を行うことが多く、その結果によって病気の発生原因を確認していく流れとなっています。

その診断結果によって処方される薬が異なっておりますが、抗生物質や整腸剤の処方箋が書かれることが多いです。

これらの薬を服用することによって、水下痢が続く症状も数日もすれば治まることが多くなっています。

また病院ではなく内科クリニックを受診しても同様の治療が受けられるため、基本的にはそちらを利用した方が良いです。

なお子供が同様の病気を発症した場合においては、内科ではなく小児科を受診して治療を受けることも出来ます。
引用元-水下痢が続く症状が治らない時の病院受診について

「感染性胃腸炎」ってどんな症状なの?

1)感染性胃腸炎の症状
吐き気や嘔吐・下痢・発熱・腹痛・全身倦怠感などの症状が見られます。下痢は軟便~水様便が頻回に認められ、時に血便を呈することもあります。

この際に特に注意しなければならないのは脱水症状です。下痢や嘔吐による水分の喪失に加え、飲水ができず、また発熱による不感蒸泄の増加もあり、脱水には要注意です。特に老人や子供の場合、自覚症状が出現しにくいこともあり、全身倦怠感が強い時やグッタリした時などは脱水症の可能性が考えられます。

感染症の特徴として見られる発熱は、時に高熱を呈します。
一般的にウィルス性に比べ細菌性のものの方が症状は重篤です。
またウィルス性のものでは咳や鼻水などの上気道炎症状を伴うこともあります。

2)感染性胃腸炎の治療
ウィルス性胃腸炎にはインフルエンザなどと異なり有効な抗ウィルス薬がないので、主に対症療法になります。
細菌性腸炎には抗菌薬(抗生物質)が用いられます。
引用元-菊地医院 内科,小児科,外科,皮膚科 往診

 - 病気・薬

ページ
上部へ