世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

下の前歯に違和感・・・気になる原因と対処方法についてご紹介

      2017/01/12

下の前歯に違和感・・・気になる原因と対処方法についてご紹介

下の前歯になんだか違和感があるような?

こんなときはいったいどうしたらいいのでしょうか?虫歯以外にはどんなことが原因なの?違和感の原因はひとつではないかも!?

気になる下の前歯に違和感の原因についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

下の前歯に違和感・・・原因とは?

1.原因① 虫歯

進行した虫歯が、歯の内部にある歯髄という神経やその周りに炎症を引き起こすと、歯はうずきます。解消するには、その虫歯を治すしか方法がありません。一般的な治療法で処置できないほど虫歯が進行している場合は、根管治療が必要になります。

1-1 対処例:根管治療

歯の神経を取り除く治療法。根管(歯の根)まで虫歯が進行した場合に行われます。リーマーやファイルと呼ばれるやすりのような器具で、歯の根をこすり落とした後に消毒。患部を薬で密閉して、細菌の住みかをなくします。

2.原因② 歯周病

歯肉炎から歯周炎、歯槽膿漏へと進行する歯周病で、歯がうずくケースがあります。歯周病は、歯を失う原因でもっとも多い症状です。初期・中期の段階では自覚しにくく、どんどん悪化してしまいます。不安のある方は、はやくから歯医者さんに相談しましょう。

■歯肉炎

歯石やプラーク(=歯垢)などにより、歯ぐきにのみ炎症が起きた段階。歯肉が赤く腫れ、出血しやすいのが特徴です。風邪などで抵抗力が下がったときにも悪化します。

■歯周炎

歯肉炎がさらに進行。歯を支える組織が感染・破壊された段階です。無症状のまま進行するので、歯のうずきを自覚する頃には悪化している場合もあります。

■歯槽膿漏

歯周炎がさらに進行した症状。歯周病で、歯が抜け落ちる段階です。何もしなくても、歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生。歯もグラグラしてきます。
引用元-歯がうずく原因5つと治療後に起こるうずきの対処法

下の前歯の違和感・・・知覚過敏かも!?

知覚過敏

虫歯などがなくても、冷たい水などがジーンとしみたり、歯磨きの際に毛先が当たると痛くなったり、甘い物がしみたりすることもある。

顎関節症

大きく口を開けた際に耳の周辺から「パキッ」と音が鳴ることがある。これは顎の関節の一部が骨の一部から滑り落ちる顎関節症の一種と考えられる。

歯根嚢胞(しこんのうほう)

歯の神経の入っていた内部の空間が感染することで起こる。歯が浮いた感じ、重い感じがあり、歯が骨に固定されている付近を指で押すと何となく痛いような感じがする。悪化すると寝ている時に脈拍にあわせてズキズキする場合も。

歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)

上の歯の内部の感染などが原因で、目と歯の間にある上顎洞と呼ばれる空間が時に炎症を起こす。慢性化した場合、鼻づまりを起こしたり、蓄膿が続いたりすることも。

引用元-歯に違和感が起こる病気 【歯・口の病気】 All About

下の前歯に違和感があるのは咬合性外傷の可能性が!?

虫歯でないのに前歯が痛い

考えられる原因

歯に異常な力がかかっている

<咬合性外傷>

咬合性外傷とは噛み合わせの力が強いことで歯を支えている組織が損傷を起こしている状態で、打撲のようなものです。食いしばりや歯ぎしりがある、また切端咬合(上下の前歯が先端同士でぶつかる噛み合わせ)で前歯に力がかかっている、また奥歯がない為に前歯に噛み合わせの力が集中している場合に起こります。

<歯に力をかけるような癖がある>

無意識に歯を合わせてしまう癖(TCH ;Tooth Contacting Habit 歯列接触癖)や爪を噛む癖などによって歯に異常な力がかかると歯を支えている組織がダメージを起こし痛みを出すことがあります。

過去に治療したところが悪くなった
以前に深い虫歯を治療して詰め物が入っている場合などに、その奥の神経が炎症を起こした、または神経が死んでしまったことで痛みを出すことがあります。

以前にぶつけたことがある
歯を強くぶつけたことがある場合、その後神経が死んで痛みを出してくる場合があります。

歯にヒビが入った
硬いものを噛んだり、食いしばりなどの強い力がかかることにより歯にヒビが入って痛みを出すことがあります。

対処法

極力歯を刺激しないようにしましょう。また、痛みがひどい場合は痛み止めを飲みましょう。
引用元-前歯が痛い!症状別に考えられる原因と、その対処・治療法 | どくらぼ

下の前歯の差し歯に違和感・・・原因は?

歯の根が割れている

神経を取ると歯自体がもろくなります。そのもろくなった歯の根に、土台であるコアや、かぶせ物であるクラウンを被せますが、毎日食事などで噛んで使用したり、噛み合わせが強い方や、硬いものを噛んだ時に歯の根が割れてしまうことがあります。
歯の根が割れてしまっても、初期の場合には症状がないことが多く、進行し歯の割れている部分の骨が、炎症を起こし歯周ポケットが深くなったり、レントゲン上で透過像で確認することが多いです。

引用元-差し歯に違和感…考えられる4つの原因

根尖性歯周炎

“差し歯”というのは神経を取った歯に処置を行います。
根尖性歯周炎は、神経が取り残されていたり、細菌が完全に除去できていない、根管が密閉されていないなどにより起こると言われています。
歯の根の先に炎症を起こしてしまい、周囲の骨が炎症で溶けてしまいます。
炎症が強くなると、噛むと違和感を感じることがあります。進行するとレントゲン上で顕著に透過像を示します。
また膿が溜まり行き場がなくなると、歯茎に達し、歯茎から膿の出口が出ることがあります。
引用元-差し歯に違和感…考えられる4つの原因

下の前歯の差し歯がとれた!?対処方法は?

取れた差し歯は必ず保管しておく

差し歯が取れたからと言って、捨ててしまってはダメです!もしかしたらまだ使えるかもしれませんし、治療をする歯医者の貴重な判断材料が”取れた差し歯”だからです。取れてしまった歯は、透明なジップロックのような中身が見えるものに入れて歯医者に持っていきましょう。ティッシュに包んでしまうと、ゴミと間違えて捨ててしまいますケースが多いので要注意です。あなた自身は間違えなくても、”気づけば家族が捨てていた・・・”なんてことが結構あります。

“救急患者受付可能”の歯医者を探せ!

差し歯を持ってすぐにでも歯医者へ行きたいところですが、かかりつけの医院が診療時間外だったり、お休みだったりするとかなり困りますよね?そんな時は夜間診療をやっている歯医者や、休日もやっている歯医者を探して電話で対応可能か聞いてみて下さい。

「差し歯が取れてしまったんですが、応急処置で付け直してもらえませんか?」

とだけ伝えてください。「応急処置でいいから」と言えば、予約で一杯だったとしても診てもらえる可能性が高いです。
ただし、電話口で、「かかりつけの歯医者があるんですが。」と言ってしまうと、受付の方に「かかりつけがやってる時間に予約して受診して下さい。」と言われ兼ねないので注意が必要です。
引用元-差し歯が取れたらどーなる!?応急処置と治療を3ステップで解説。 | Dentalhacker

 - 未分類

ページ
上部へ