世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

犬の出産に適した年齢は?出産可能な年齢と交配時期について

      2016/12/25

犬の出産に適した年齢は?出産可能な年齢と交配時期について

犬が出産するのに適した年齢は?
最初の発情で出産させてしまうと、母体の成長が阻害されてしまうみたいですね。

出産が可能な年齢や、交配時期、交配準備の方法、また交配最適日の予測法など犬の出産に関してまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

犬が出産するのに適した年齢は?排卵日と交配最適日の予測法も。

メス犬が出産するのに適した年齢は、一般的に2~5歳くらいと言われます。理由としては、最初の発情で出産させてしまうと、胎子に栄養を摂られて母体の成長が阻害されること、および、1歳程度で出産させてしまうと母犬が遺伝病を保有しているかどうかわからないこと、などが挙げられます。また6歳を過ぎてからの出産は母体への負担が大きく、また筋力が衰えて難産になりやすいため、一般的には避けられます。
メス犬が出産適齢期に入ったら、交配の前にまず健康診断を受けて寄生虫、遺伝病、ブルセラ症、その他生殖器系の病気がないことを確認します。そしてメス犬の発情サイクルを把握する必要がありますが、排卵日を予測する代表的な方法は以下です。

排卵日と交配最適日の予測法

 

受容姿勢を観察する

メス犬がオス犬を許容するときの受容姿勢(じゅようしせい)が見られてから3日目に排卵が起こりやすいといわれていますので、その日を狙って交配最適日を計画します。
なお受容姿勢とは、メス犬がオス犬を受け入れるときの特徴的な行動や体勢のことです。具体的には、オス犬の接近に対してしっぽを上げて外陰部を見せる、マウンティング(乗駕)されてもじっとしている、じっと待ち構えているように見せかけながら、いざ近づこうとすると突然駆け出し、またすぐに立ち止まる「じらし」を繰り返すなどです。
引用元-犬の交配~メスの発情周期・交配最適期・オス犬探し・交配前の準備・交尾

犬の出産が可能な年齢は?

多くの人が間違ってるんですが何歳までという規定はないし、4歳までという人もいますが、嘘です。
人間の勝手な間違った倫理がじゃまするだけです。

犬もね、体が埋めない時は、妊娠しても吸収するんですよ。野犬だって、10歳過ぎても産んでますよ。

一度出産してるなら、年齢で出来にくいという事はありません。

10歳過ぎて産んだ子でも健康な子はいくらでもいますし、出産は、犬の年齢というより、犬の状態です、状態が良い犬なら、10歳超えても普通に産みます。

うめない時には、発情がきません。
だからそのこの状態が良いのなら、全然大丈夫ですね。

ただ出産は、若かろう歳をとってようが、どんな子が生まれるかは、わかりません。

それを責任もって飼えるかどうかです。
引用元-犬の出産は何歳まで可能なのでしょうか? – シェルティの7歳(5年前出… – Yahoo!知恵袋

私が知っている最高齢出産は、柴9歳です。どうしてもその犬の仔が欲しいとの事で5歳からトライ、流産を繰り返し、9歳にして初産、帝王切開でした。しかし母犬に育てる意志がなかったので、我家の雌柴が乳母となりました。

次の例が経産婦で7歳、自然分娩でしたけど時間がかかり、母と私が手伝いに呼ばれました。一応母子共に健康でしたが乳の出が悪く、これも我家で乳を与える事になりました。

どちらの例も、子供に問題はなく健康に育ちましたが、生まれた時はかなり小さかったですね。
引用元-犬の出産は何歳まで可能なのでしょうか? – シェルティの7歳(5年前出… – Yahoo!知恵袋

犬は7歳くらいの年齢までは出産可能…交配時期は?

交配は基本的に雄犬のところに雌犬を預ける形で行います。一緒に暮らしている場合は問題ないでしょう。交配に一番適している時期は「犬の生理」にもあるように、生理の血が止まってからの発情時期になります。雌犬が雄犬を受け入れるようになるのは、この発情時期の約5日間だけですので、ブリーダーなどにお願いするとこの時期に2回交配させるようです。
雌犬が出産に向いている年齢は1歳半以上になってからがいいでしょう。7歳くらいまでは出産可能ですがあまり無理はさせないようにしましょう。雄犬は2歳以降で12歳くらいまでは交配が可能です。雌犬の場合初ヒートで交配させるのは、血統書も発行されませんし雌犬の体自体がまだ未熟なので避けましょう。
成熟した卵子の受精能力は約5日間というのはもうお分かりいただけたと思います。雄犬の精子も交配後5日間受精能力があります。
引用元-【犬の親子手帖】犬の交配に関するエトセトラ

いつでも出来るわけではありませんよ!メス犬の交配準備の方法!

オス犬はメス犬が発情すればいつでも交配可能なので、メス犬の準備の方法です。

交配は、いつでも出来るわけではありません。 まず、メス犬の発情(生理)の時期を知っておく必要があります。 生後7~8ヶ月頃になると、1回目の発情を迎えます。

外陰部が充血しふくらんで、血がまじったような粘液が出ます。 それから3~5日後位に出血があり、約1週間後に排卵が起こります。

つまり、発情が始まって11~12日後が交配のタイミングです。 しかし、前述のとおり実際に交配するのは2回目以降の発情時にしましょう。

最初の発情は、生後7~8ヶ月で人間の年齢にすると10歳~11歳です。 子育てには、まだまだ未熟な年齢なので、交配を考えるなら、次の発情期はいつなのかということを、日記やカレンダーに記録しておくようにしましょう。

妊娠の兆候は、交配後約3週間頃にでてきます。 軽いつわり・食欲低下・元気がないなどさまざまです。 動物病院でこまめに診断してもらうことをおすすめします。 特に兆候がみられない場合でも、念のため動物病院でみてもらうようにしましょう。

約4週間後には、オッパイが少しはれてきます。 6週間後では、おなかのふくらみも目立つようになります。 出産1週間前になると、手でさわると、おなかの赤ちゃんが動いているのがわかります。
引用元-犬の交配について 【犬のしつけ飼い方ペット生活便利帳】

犬の交配相手の見つけ方!血統証の有無を確認してください!

交配相手の見つけ方は、これが一番、難しいのですが、知人や、犬仲間から紹介してもらったり、動物病院で紹介してもらったり、ペットショップなどでも紹介をしているところもあります。また、犬の雑誌などで交配を募集している方もいます。いずれにしても、交配相手を絶対に自分で見てから交配をお願いしてくださいね!交配相手を見ずに交配するということは、危険です。
交配することによって、病気をもらってくることもよくありますし、性格のきつい(よく噛む)子なども多いです。大きさも、標準よりも極端に小さかったり、大きかったりということもありますので、必ず、実際に確認してから、交配してもらいましょう。

また、交配相手に必ず、血統証の有無を確認してください。
自分の持っている血統証と同じ種類かどうか。違う種類の場合は、血統証が出るかどうかなど。

交配相手がJKCという血統証を持っていれば、基本的は大丈夫です。

交配相手がKCJの血統証を持っている場合で、自分がJKCの血統証の場合は、JKCの血統証は申請できませんので、ご注意下さい。そのあたりは、交配者の方がよくご存知だと思いますので、よく聞いてくださいね!日本犬の場合は日本犬保存会という血統証が一般的です。
引用元-犬の交配について!犬の交配料金、犬の交配時期などのページです。

 - 動物・ペット

ページ
上部へ