世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

産後の腰痛と背中痛・・・原因と対処法教えます!

      2016/12/25

産後の腰痛と背中痛・・・原因と対処法教えます!

産後のつらい腰痛と背中痛で悩んでいるお母さんは多くいませんか?

改善するにはどうしたらいいの?腰痛になる原因は?大事なのは予防みたいですが・・・
最も多い症状の腰痛対策と背中痛の原因と対処法などまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

産後の腰痛や背中痛・・・改善するにはどうしたらいいの?

今あるご自覚のある症状は、骨盤の歪みや開き、内臓の疲れ、筋肉の疲れ、血行不良などが混じり合っておきています。

カラダはいつもあなたが毎日元気で動けるよう一生懸命働いていますが、限界がくると、休憩させてください!という自覚ができるくらいの反応を起こします。それが自覚症状と呼ばれるものです。

そのまま放置することで、将来大きな病気に繋がる可能性もおこることもあるので、早いうちに整体でもともとある肩凝り腰痛などの自覚症状や、骨盤の開きを改善され、少しでも毎日頑張ってくれているカラダの疲れを癒してあげることをおすすめします。

また今ある症状は少ながらず育児や家事にも影響していると思います。
頑張らなければならない時期と思いますが、旦那様にも協力してもらい、カラダに優しい時間をつくってあげるようにすると改善も早いですよ^^

整体以外に自己ケアできることは、
睡眠をよくとる
水、発酵食品、野菜を多くとる
湯船で血行促進
汗をかく
筋トレ、ストレッチ

です。できることから一つでも始めることをおすすめします。
症状をみると簡単にできるストレッチから始めるのが良さそうです。
引用元-産後の肥立ちについて教えてください。私は4番目の子を生んで1年… – Yahoo!知恵袋

産後の腰痛や背中痛・・・最も多い症状の腰痛になる原因は?

腰痛は、産後のトラブルの中でも最も多い症状で、出産を経験した方の20%以上がこの症状に苦しんでいると言います。それでは、産後に腰痛になるのは、どのような原因からなのでしょうか? 一つずつ詳しく見ていきましょう。

1-1.産後は骨盤がゆがみやすい?

産後は骨盤がゆがみやすく、これによって腰痛が起こります。産後は骨盤が広がっており、3~4ヶ月かけて少しずつ元の位置に戻るのが正常です。しかし、妊娠中や産後の過ごし方によって体のバランスが崩れると正しい位置に戻ることができません。これによって骨盤にゆがみが生じ、腰痛が引き起こされてしまうのです。

1-2.妊娠中の運動不足で筋肉量が低下していませんか?

妊娠中の運動不足も腰痛が起こる原因となります。妊娠中は体調変化や安全面への配慮から、体を動かすことが億劫になりがちです。すると、筋力が低下して体をうまく支えることができなくなります。その結果、腰にかかる負担が増し、痛みとして現れるので注意してください。

1-3.子育てによる体の負担が腰痛を招く!

子育てによる体への負担から腰痛が悪化する方も珍しくありません。赤ちゃんの世話をする時は、ついつい前屈みの姿勢になりがちです。さらに、抱っこやおんぶ・授乳などによっても腰に大きな負担がかかります。こうした負担が積み重なり、腰痛が慢性化するのです。
引用元-産後の腰痛を改善させるために知っておくべき4つのポイント- カラダナオス通信

産後には腰痛や背中痛が…最も多い症状の腰痛対策2つ。

産後の腰痛対策1

●骨盤ベルトの活用、動きすぎに注意

妊娠中に緩んだ関節やじん帯は、産後すぐに戻るわけではありません。元に戻るまで最低でも3か月はかかるので、その間は、姿勢や動きすぎに注意が必要です。

特によくない姿勢は、足を組む、女の子座り、同じ姿勢を続ける、自転車に乗るなどです。また、腰をかがめて赤ちゃんを持ち上げる、寝た状態から一気に起き上がるなど、腰に負担をかけるような動きもよくありません。

対策は、腰痛がある間、特に産後3か月は骨盤ベルトをつけ、何かを持ち上げる、起き上がるときは段階的におこなって一度に動作をしないことです。座るときは椅子に深く腰掛け、床に座るときはクッションをお尻の下に入れるようにします。

さらに、休息を十分に取り、動きすぎないようにしましょう。骨盤が緩んでいる間に動きすぎると歪んだままで固まってしまう場合があるからです。

産後の腰痛対策2

●骨盤体操、腹筋を鍛える

産後すぐからできる骨盤体操は、産褥体操です。入院していた病院のパンフレットにも、産褥体操は載っているので参考にしてみましょう。産後の腰痛が改善してきたら、今度は再び腰痛がおこらないよう、腹筋を鍛え妊娠中や分娩中にゆるんだ筋肉を元に戻してあげます。

【腰痛予防の腹筋の方法】

1. 膝をついて四つんばいになる
2. 右手を肩より上にして、前に伸ばす
3. 左足をお尻より上にして、後ろに伸ばす
4. 2と3の姿勢を30秒キープする
5. 両手足を変えて同じようにする
6. 両手足を1セットとして3セットおこないます。
引用元-産後の腰痛の原因・対策は?痛みが取れるストレッチとは?

産後の背中痛…原因と対処法!

妊娠後期や産後に背中が痛い原因は?

妊娠中はホルモンバランスの変化や出産に向けて体が変化していくことにより、さまざまな不調が起こりやすくなります。また、産後にもホルモンバランスの変化や、抱っこや授乳などで肩に力が入りやすく、背中が痛くなることがあります。

この状態を放っておくと背中の痛みや肩こりが酷くなることはもちろん、頭痛や吐き気、めまい、痺れなどの症状が現れる可能性もあります。

寝ると背中が痛い時の対処法はコレ

妊娠後期や産後に「背中が痛くて寝られない…」というのは大変辛いことですよね。そんなときは、ストレッチやマッサージを試してみましょう。背中や肩、首のコリに効くストレッチ&マッサージ方法はさまざまなサイトや動画で紹介されています。道具いらずでそれほど時間もかからず簡単にできる方法もありますので、ぜひ「これならできそう!!」と思う方法を探してみてくださいね。
引用元-妊娠後期や産後に寝ると背中が痛い!! 原因や対処法は? | 妊娠育児ライフ

ちなみに、授乳時には無理な体勢にならないよう、クッションや枕などを使って赤ちゃんの位置を調節すると背中や肩、腕への負担を減らすことができますよ。
引用元-妊娠後期や産後に寝ると背中が痛い!! 原因や対処法は? | 妊娠育児ライフ

産後の腰痛や背中痛・・・大事なのは予防!

やはり腰痛、背中痛に悩んでいる方が多いんです。

産後で伸びきっている筋肉を、そのままにしていると不調が出てしまう可能性が高いです。

やっぱり予防が大事

しかし、いざ痛くなっても、自分の為に病院へ行く方は少ないのでは?

まずは予防する事、が大事です。

ウォーキングなどの、簡単な運動から、スクワットの様に下半身をしっかり動かす運動へと少しずつ取り入れられると良いですね!

私も、産後の方のカラダづくりをする時はその人それぞれの、今のライフスタイルに合わせて

紹介出来るように努めています。

実際に、それぞれの家庭で、状況が違ったりしますからその方が継続して無理なく出来るようにしています

無理に、運動をしてもストレスになってしまってはいけませんから何よりも、継続は大事ですからね!
引用元-産後は『腰痛』『背中痛』に注意!

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ