世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

斜視の手術が失敗したらどうなるの?手術のリスクと失敗について

      2016/12/26

斜視の手術が失敗したらどうなるの?手術のリスクと失敗について

斜視の手術を受けたいけど、失敗したらどうしよう?

手術を受けるものとしては、もちろん失敗したときの場合も気になりますね。

斜視の手術のリスクと失敗した場合の症状や、失敗しない為の病院選び、子供の斜視についてなどをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

斜視の手術のリスクと、手術を失敗した場合の症状とは

斜視の手術のリスクとは?

基本は手術です。上直筋、下直筋、内直筋、外直筋という眼球を上下内外に動かす4つの筋肉があるのですが、これを手術で操作することで眼の方向を変えます。

問題は手術には限界があることです。成功したとしても、どうしてもプラスマイナス10度以内の誤差が残ってしまうのが現状です。また手術後まもない時期は眼の位置の変化に頭がついていかないために、物が二重に見えることがあります。

失敗したらどうなるの?

斜視の手術では、目を動かす筋肉に手を加えるため 眼には相当大きな負担がかかります。

術後にまぶたが上がりづらくなるケースも1%程度と低い割合ですが起こることがあります。この治療法では結膜、すなわち白目の表面を切ります。結膜は切ると回復しても赤みが残る場合があります。

さらにこれだけのリスクを冒して治療したとしても「術後の戻り」といって、一度治ったようにみえても、また斜視になることが多いのです。

引用元-斜視の手術のリスクとは? 失敗したらどうなる?

斜視の手術をしたいけど、失敗することはあるのでしょうか?

手術直後に失敗が発覚するケースでは、結膜炎やドライアイ・視覚異常・まぶたの運動異常などが起こることがあります。斜視の手術法によっては結膜にメスを入れるため、結膜炎を始めとした結膜の問題が比較的高頻度で起こるようです。

また、斜視の手術はその性格上、完全に目の動きを矯正できるわけではありません。斜視の症状自体にものが二重に見えたり違うものが重なって見えたりといったことがありますが、斜視の手術の結果として新たにこのような現象が起きたりすることもあります。これは失敗というよりは、手術における矯正の限界と言えるでしょう。

また、手術後に斜視が再発してしまうケースは少なくありません。数ヶ月してから斜視が完全に戻ってしまうケースがあり、また手術と再発を繰り返し4回の手術を行ったあげくに再発して治療をあきらめたという例さえあります。このような術後の問題はアフターケアによっても左右される問題です。
引用元-斜視の手術に失敗ある?

斜視の手術を失敗などで後悔しない為に、よく調べる事も大事

自分は先天性の間歇外斜視のです。

過去の「斜視」についての情報は、大抵インターネットで情報を集めました。 視力は左右共に0.1以下で、どちらの目も外にずれてしまっています。正面を向くことはできますが、斜めで物を見たり、意識しないとズレてきてしまいます。幼い頃から嫌な思いもだいぶしてきました。このような状態でレーシック手術をしました。結論から言いますと、良い点は「良く見えるようになったこと」で、悪い点は「術後の客にはかなりそっけない態度だったこと」です。

私は大手のクリニックで手術を行いました。そのクリニックを選ぶまでには、色々情報を集めました。情報を集めると分かりますが、病院によって手術の方式や費用が結構異なるものです。やはり自分の目の事ですので、ある程度はしっかりと調べたほうが良いと思います。後はやはり体験者の声を聞けるのが一番良いと思います。もし、身の回りにレーシック体験者がいないのであれば、大手のクリニックを比較し、その名前+失敗などのキーワードでインターネット検索をしてみると良いかもしれません。
引用元-先天性の間歇(間欠)外斜視でレーシックを受けてみた | レーシック体験記 -失敗・後悔の不安を解決!-

子供の斜視について、子供のうちに手術をした方がいい理由

外斜視の場合、治療は手術に限られるため、手術が必要な場合には、子供の頃に手術をするほうが両眼視機能が回復する可能性もあります。
あまり幼児期に手術を行うと、再発の可能性が高いため、通常は6歳未満の幼児に斜視の手術は行わないことが一般的です。
内斜視の場合、先天性の場合は、生後半年くらいから症状があらわれます、後天性の場合は1歳以降にあらわれるといわれていますが、内斜視が確認されたら、その時点で眼科を受診すると、年齢、症状にあった適切な治療が行なわれます。
遠視が原因の内斜視は、遠視用のメガネをかけて矯正します、また、弱視の内斜視の場合には、弱視ではない方の眼を毎日一定時間アイパッチなどでふさぎ、弱視のほうの眼をトレーニングして視力を上げるという方法もとられます。
いずれの症状の斜視も、子供のうち、適切な治療を受けることで、両眼視機能を回復させたり、両眼視機能の低下を防いだりすることができます。
両眼視機能とは、ものは通常両方の眼で見ますが、実際は右目と左目で見ています。それぞれにうつる映像は、異なっていますが、頭の中で1つのイメージとして見ています。
この左右の眼にうつるそれぞれのものを1つのイメージに作り上げる両眼視機能は、生まれながらに持っているものではなく、成長とともに作られる機能です。
斜視の症状を改善しないと、この両眼視機能が作られず、低下してしまうことになるのです。
引用元-子供の斜視、治療のタイミングは?【斜視でもう悩まない!手術以外でも治療ができる様々な方法を紹介】

そもそも斜視とは?斜視にも種類があります。

斜視とは

臨床の現場では、「両眼が同じ方向を向いていない状態が常時続いている状態」、ないしは、「両眼が同じ方向を向いていることもあるが、時に自分の意思に反して同じ方向にならなくなる状態」を「斜視」と呼んでいます。

斜視の種類(特殊型を除く)

■外斜視

片目を正面に向けたとき、もう片目がまっすぐより外に向いているもの。常時外を向いているものを「恒常性外斜視」、正面を向いている時もあるが、ボーッとした時などに外を向いてしまうものを「間歇性外斜視」といいます。

■内斜視

片目を正面に向けたとき、もう片目がまっすぐより内側に向いているもの。ほとんどが常時内側を向いているものだが、人間には遠視眼で物を見ようと努力すると目が内側に向くという性質があるので、強い遠視があるために内側に向いている人もいます。これを調節性内斜視と呼びます。

■上下斜視

臨床の現場では、外斜視・内斜視と比べ少ないです。利き目で物を見たときに、もう片方の眼が上になってしまうのを上斜視、下になってしまうものを下斜視と呼びます。
引用元-斜視の原因・治療・手術…医師が伝える斜視手術の実際 【目の病気】 All About

 - 病気・薬

ページ
上部へ