世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

新生児の呼吸が「ヒーヒー」聞こえたら?咽頭軟化症を解説!

      2016/12/19

新生児の呼吸が「ヒーヒー」聞こえたら?咽頭軟化症を解説!

新生児が「ヒーヒー」や「ヒューヒュー」音を立てて呼吸をしている時ってありますよね!

すぐおさまれば心配はいらないですが、それが続く場合は咽頭軟化症という疑いが出てきます!

そこで今回は「咽頭軟化症」について症状や治療方法を解説していきます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

新生児の呼吸がヒーヒー聞こえてくる…!

生まれてすぐ泣いた時に初めて自分で呼吸をします。
その赤ちゃんが新生児期の1ヶ月間、呼吸の仕方はまだ未熟なので時には呼吸が早かったり
「ヒーヒー」という音をたてて呼吸することは珍しくありません。

赤ちゃんの様子を見て判断しましょう!

赤ちゃんが「ヒーヒー」言いながら呼吸していても、機嫌が良くミルクや母乳をちゃんと飲んでいるのなら、心配はありませんが、ミルクや母乳を日に日にあまり飲まなくなったと感じた時は、電話で相談してから、小児科に行って医師の診断を受けてみて下さい。

そして1ヶ月検診まで「ヒーヒー」が治らないのであれば、小児科ではなく「耳鼻咽喉科」に電話で相談してから、連れて行った方が良いです。
引用元-新生児の呼吸がヒーヒーの時とは?

耳鼻咽喉科での診察とは?

まず最初に喉をみてもらい、ファイバースコープを鼻からいれます。
耳鼻咽喉科での診察結果は「喉頭軟化症」というものを言い渡されることが多いです。
この病気は新生児期による喉の疾患で先天性の喘息の一つです。

空気が通る道が覆いかぶさったようになってしまうので呼吸しにくくなります。
軟骨が強くなってくると遅くても2歳までに治るといわれています。

赤ちゃんも一生懸命呼吸をしている為、「ヒーヒー」といった音を出しながらの呼吸は
親であるお父さんお母さんは心配になります。

しかし、新生児の赤ちゃんにはよくあることなので深刻に考える必要はありません。
いずれ赤ちゃんが育ってくると肺も強くなってくるので呼吸の仕方も上手になり「ヒーヒー」という音はなくなってきます。
引用元-新生児の呼吸がヒーヒーの時とは?

新生児の呼吸のヒーヒーは咽頭軟化症!?

ヒーヒーという呼吸を見てもらう場合、鼻からファイバースコープを挿入することになります。
これは中の状態を確認するために必要な治療ですので、心しておきましょう。

咽頭軟化症

診察の結果、咽頭軟化症という診断をもらうことがあります。
咽頭軟化症とは、先天性の喘息の一つです。

喘息というとこれから先ずっと付き合い続けなければいけないの?と不安になるかもしれませんが、咽頭軟化症は遅くても2歳までには治癒する病気ですので、ご安心を。

喉の軟骨がまだ柔らかいために、空気が通る道に覆いかぶさってしまい、呼吸がしにくくなるというわけです。

この病気は目立った治療法がなく基本的に経過観察となります。
お母さんやお父さんは心配だと思いますが、いずれ治る病気ですので、あまりなやみすぎず大きく構えてあげるとよいですね。

新生児の赤ちゃんの呼吸はもともと乱れやすいもの。
他に異常がないか状態をよく観察し、長く続くのであれば病院を受診しましょう!
引用元-新生児の呼吸がヒーヒーの時とは?

新生児の呼吸がヒーヒー苦しそうだったら?

症状が軽度の場合の治療法

・体重増加の経過観察
・うつぶせ寝の防止指導
・てステロイド内服治療
・アドレナリン吸入

うつぶせ寝は、喘鳴が強くなったり、胃食道逆流(逆流性食道炎)の発症に繋がったりと様々な危険が考えられます。
引用元-喉頭軟化症(いんとうなんかしょう)とは?原因や症状、程度別の治療法は? 【ママリ】

症状が重度の場合の治療法

・他の病気との判別検査
・声門上部形成手術
・気管切開

重症と判断された場合は、まず喉頭ファイバースコピー検査とを行い、喉頭軟化症以外の病気の可能性を調べます。

他の病気が判明した場合は、その病気の治療がすみやかに行われます。一方、喉頭軟化症という診断がついた場合には、症状に応じた声門上部形成手術を行う事も検討されます。

また、場合によって気管切開を行う事もあります。
引用元-喉頭軟化症(いんとうなんかしょう)とは?原因や症状、程度別の治療法は? 【ママリ】

喉頭軟化症を発症しても、その多くは約2年のうちに完治すると言われていますが、子供に負担なく治療を進めるためにも、日々の生活の中で、ママやパパが気をつける事は多そうですね。

もし、お子さんの呼吸音やミルク、母乳の飲み具合いに不安を感じた時は、必ず医療機関を受診しましょう。
引用元-喉頭軟化症(いんとうなんかしょう)とは?原因や症状、程度別の治療法は? 【ママリ】

咽頭軟化症の症状や治療方法は?

喉頭軟化症の症状は?

喉頭軟化症の症状は、呼吸量が増え、鳴き声も大きくなった生後2週間〜1ヶ月頃から出始め、生後6ヶ月頃にピークを迎えるといわれています。主な症状として「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という呼吸音が聞こえたときは注意が必要です。また、症状が重くなった場合、呼吸困難を引き起こし、チアノーゼが見られる場合があります。その際にはできるだけ早く小児科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。
引用元-喉頭軟化症とは?原因や症状は?治療法や対処法はあるの? – こそだてハック

喉頭軟化症の治療法は?

喉頭軟化症は、基本的には喉頭の成長が進むと治っていき、軽症の場合のほとんどが1歳ごろまでに自然治癒が期待できるとされています。基本的には月1回程度の診察で体重の増減に気をつけ、成長の遅れがないように経過観測を行います。

ただし、呼吸困難を起こしたり、チアノーゼが見られたりと、ほかの合併症の症状が見られるような重症の場合は、医療的な処置が必要になる場合があります。例えば喉頭レーザー形成術や気管切開などが挙げられます。感染症を抑えるためにワクチンの積極接種などを行う場合もあります。
引用元-喉頭軟化症とは?原因や症状は?治療法や対処法はあるの? – こそだてハック

喉頭軟化症の赤ちゃんは風邪などの呼吸器感染に注意

喉頭軟化症は、その名前を聞いただけで難しい病気かと不安に思う人もいるかもしれませんが、赤ちゃんの成長に合わせて治っていくものなので安心してください。しかし、やはり赤ちゃんの体重や体調の変化には注意が必要です。特に風邪などの呼吸器感染にかかるとより症状を悪化させる場合があります。手洗い・うがいの徹底や部屋の湿度管理など、家庭でできる病気の予防を心がけてあげてくださいね。
引用元-喉頭軟化症とは?原因や症状は?治療法や対処法はあるの? – こそだてハック

咽頭軟化症は合併症に気を付けて!

他の病気の可能性を調べる

重度の症状が出ている場合は別の病気の可能性がないかを調べます。他の病気が原因となっている場合はその病気の治療法、対策が取られます。

声門上部形成手術を行う

他の病気がなく喉頭軟化症が原因の場合に行われます。患部の状態によって喉頭レーザー術、喉頭蓋吊り上げ術などの手術が施されます。

気管挿管

のどに口から管を通し、直接肺まで空気を送れるようにします。気管挿管を行うことで、確実に気道が確保できるようになります。

気管切開

場合によっては気管切開が必要になることもあります。重度の呼吸困難な場合などに多く見られ、のどに穴をあけて直接肺まで空気を送れるようにします。喉頭軟化症であった場合の気管切開は将来穴を閉じることもできるそうです。

また胃食道逆流などの合併症が見られる場合はそちらの治療も行います。
引用元-喉頭軟化症とは?原因・症状・特徴・検査・治療・予防法まとめ | Conobie【コノビー】

予防接種を早めに済ませる

家族を始め予防接種を早めに済ませることで風邪や病気の予防ができます。インフルエンザの時期などは特に早めにワクチンを打つなど対策をして家族全員が感染しないよう気を付けましょう。

人込みを避ける

人込みに行くとどうしても風邪や病気などウイルス感染しやすくなってしまいます。できるだけ人込みは避けるようにしましょう。

手洗いうがいの徹底

風邪などの予防には手洗い、うがいも有効です。家族全員が徹底してウイルスを家の中に持ち込まないようにしましょう。
引用元-喉頭軟化症とは?原因・症状・特徴・検査・治療・予防法まとめ | Conobie【コノビー】

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ