世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

空気を大量に飲むと病気になる?そこに隠された病名を教えます!

      2016/12/21

空気を大量に飲むと病気になる?そこに隠された病名を教えます!

空気を大量に飲むことによって病気になるという話を聞いたことはありませんか?

その病気「呑気症」「空気嚥下症」ってどんな症状なのでしょうか?治療は可能なの?

ストレスが原因だとも言われている「呑気症」「空気嚥下症」について詳しく説明します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
バイオリン初心者、独学でも弾けるようになるのか調査!

楽器を独学でマスターする方は多いと思いますが、バイオリン...

no image
麻疹のワクチンは危険?危険ではない?麻疹について

麻疹のワクチンが危険と言われているのはどうして? ...

no image
ネットの懸賞のコツにとは?気になる懸賞に当選するポイント

ネットの懸賞のコツにはいったいどんなものがあるのでしょう...

no image
手作りプリンの賞味期限と保存方法をご紹介!

手作りプリンって美味しいですよね!そして手作りのプリンは...

no image
服をゴミで捨てる!その方法と断捨離の効果についてご紹介!

服をなかなか手放せなくどんどん溜まっていく…そんな悩みを...

604580
風邪でポカリを飲む時は薄める方が効果アリ!?気になる噂を検証

風邪の際には水分補給が大切になりますが、ポカリスエットは「飲...

131118
肺炎で治療する時、仕事は休む?必ず重症化する?肺炎を解説!

肺炎は油断してしまうと命の危険に繋がります。そして重症化して...

624798
外国人が日本が海外の国に比べて治安が良いと感じる理由を調査

海外に住んでいる人にとって日本はとても治安が良いイメージを持...

661495
朝ウォーキングを1時間する効果は?無理をしないのがコツ!

ダイエットや健康を考えて朝にウォーキングを始めようとする場合...

657659
大阪や京都で就職祈願!この神社へ行けばご利益あります!

合格祈願ではなく、就職祈願に行く人も最近では増えているといい...

no image
足の親指が腫れている場合にに考えられる5つの原因

足の親指が腫れて痛い、痒い・・・など様々な症状がある場合...

no image
タブレットのペンの使い方に慣れない人必見!ポイントを解説

タブレットをマウスではなくペンを使って操作するのが難しい...

no image
トイレのウォシュレットが故障!?その原因と対処法

トイレのウォシュレットが故障したかもしれないとき、どうし...

no image
裁判を傍聴する時の服装のルールとは?実は〇〇〇です!

裁判の傍聴に参加する場合、何を着て行ったらよいのか悩みま...

no image
紬の着物は季節感を大事にその場所に合った装いで!

紬の着物はいくら高いものでも、着物の中の格付けとしてはお...

669461
ペースメーカーの手術は高齢者でも安全?最新情報を調査!

心臓病によりペースメーカーをつける手術を受ける場合、それが高...

510052
軽トラックの荷台に人が乗るのは違法?ある名目によっては可能!

軽トラックにある荷台。基本は荷物を載せるところですが、田舎に...

271170
主婦のパート勤務は辛いことばかり?抱えているストレスとは

パートで働く主婦が増えていますが、辛いと感じている人も多いと...

146152
【オロナイン】顔に毎日使っても大丈夫?の疑問を調査

家庭の常備薬の『オロナイン』 元々は医薬品ですが、化粧...

014607
うさぎのトイレにはペットシート?砂?トイレの使い方!

うさぎを飼っているとトイレ掃除が大変ですよね。ペット用シート...

スポンサーリンク

空気を大量に飲むと病気になる?その原因は?

呑気症(どんきしょう)・空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは
多量の空気を飲み込んでしまうことにより、胃に空気が大量に入り込み、お腹が張ったり、げっぷやおならが異常に排出され、時に不快感、痛みが出ることもあるものです。
日本ではおよそ8人に1人が悩まれている病とされています

空気を飲み込んでしまう要因は

唾液を飲むとき
違和感による飲み込み
食事の際の飲み込み
早食いや遅食い
食事内容にもよる(ゴクッという飲み方が問題)
咀嚼不十分によるもの
歯をかみしめる
後鼻漏などによるもの
前傾姿勢の影響
鼻で呼吸ができないこと
喋り方によるもの
癖など無意識によるもの
※原因がわからない方もいらっしゃいます

上記に多大に影響しているのが「ストレス」とされています。

また別の病気の症状として併発する場合もあるようです。
ゲップとして空気やガスが出るタイプとして「非びらん性胃食道症」があります。

腹部膨満、おならとして空気やガスが出るタイプとして「過敏性腸症候群」があります。

噛みしめることにより唾液とともに空気を飲み込む「かみしめ呑気症候群」を併発しているかたも少なくないようです。ゲップ、おならが出やすい、お腹が張る、お腹が鳴る、といった呑気症・空気嚥下症の症状以外に頭痛、こめかみ周辺の疲労、頭痛、肩こりや鬱になる可能性もある。
引用元-呑気症、空気嚥下症とストレス

空気を飲む病気「空気呑気症」の症状とは?

1.胸焼け

胃の中の物が上がりかけたような不快感を感じます。胃に近い食道付近に胃酸や胆汁が逆流して胸焼けが起こります。空気を多量に飲みこむと、胃酸や胆汁が逆流してしまうことがあります。ですから結果的に逆流性食道炎と同じ症状になってしまいます。

しかし、胃酸や胆汁が逆流する原因が異なるので、市販の胸焼けの薬を飲んでも効果がありません。だから、胸焼けが長く続く場合は医師に相談しましょう。

2.胃のもたれ・胃の不快感・食欲不振

胃に空気がたまって起こる症状です。

3.腹部暴慢感や多量の排ガス

ひどい場合は、胃・腹部暴慢感で張り裂けそうで、動けなくなるほど苦しくなる場合もあります。

4.左上腹部の痛み

5.オナラ

臭いの無いオナラやゲップが出る。胃腸で作られたガスは腸内細菌が含まれているので、その細菌によって臭いがあります。しかし、空気呑気症のオナラやゲップは、飲み込んだ空気を体外に出しているだけなので臭いは無いのです。
引用元-女性に多い「空気呑気症」に要注意! 簡単チェック表&対処法(1/3) – mimot.(ミモット)

空気を飲む病気「空気嚥下症」の治療法は?

 原因が明らかになっていないため、特有の治療法はありません。病状の理解、空気を嚥下する習慣や食生活の改善、不安や緊張の緩和などが重要です。食事はゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。また、アルコール、炭酸飲料、甘いもの、脂の多いもの、香辛料などは避けます。

薬物療法としては、比較的症状の軽い場合には消泡薬、消化酵素薬、消化管機能改善薬などを、重い症状の場合には抗うつ薬や抗不安薬(こうふあんやく)などの向精神薬(こうせいしんやく)の服用が必要になってきます
引用元-空気嚥下症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A – gooヘルスケア

空気嚥下症に気づいたらどうする

同様の症状が食道や胃腸の病気でも起こることがあるので、まず消化器専門医の診察を受けることが重要です。食道や胃に器質的疾患がないことが判明したら、まず心配はありません。どうしても気になる場合は、心療内科や精神科専門医による治療を受けるとよいでしょう。
噛みしめ呑気症候群については、歯科(口腔外科)医に相談するとよいでしょう。

引用元-空気嚥下症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A – gooヘルスケア

空気を飲む病気「呑気症」は運動によって改善できる?

呑気症は無意識の習慣で空気を大量に飲み込んでしまう事で、
胃や腸に空気がたまってしまう事で起こる病気なのです。
空気を飲み込んでしまう大きな要因はストレスや緊張ですが、軽い運動をすれば意外と症状が軽くなるものです。

ストレスや、緊張を感じれば、筋肉がこわばってしまう傾向にあります。それにより、肩こりや首の痛みや、頭痛が起こります。運動不足でパソコンに向かってばかりいる姿勢も同じです。
緊張のために、無意識に唾を飲み込む回数が多くなっても、その度に空気を飲み込んでしまって、呑気症につながっていきます。
ではストレスや、緊張を感じないようにする事はできるのでしょうか?また、良い対策はあるのでしょうか?
現代ではふつうに暮らしていてストレスを感じないでいるのは至難の業ではないでしょうか。
だから、受けてしまったストレスや、緊張をほぐし、やわらげる事を日常にすればいいのです。
ストレスや、緊張は心理面や性格から来ているものですが、運動という肉体的なアプローチで内面も変わっていきます。
運動をする人はしていない人と比べ、ストレスへの対応力があるという事がわかっています。運動は、ストレス発散の意味もあります。無理をせず、自身が楽しんでできるスポーツをやってみたらどうでしょう。
引用元-呑気症 | 病院で聞けない病気の話

逆流性食道炎と空気呑気症には密接な関係がある?

逆流性食道炎の方は、【空気呑気症(くうきどんきしょう)】になっていることが多いとされています。

空気呑気症の傾向があると、食べ物と一緒に空気を飲んでしまうだけではなく、緊張を感じた時に、無意識に空気を飲み込んでしまいます。

結果、げっぷが出やすくなるのですが、逆流性食道炎の方の場合は、慢性的な消化不良なども抱えているので、空気呑気症の症状と合わさって、余計にげっぷが出やすくなっていたりするのです。

とはいえ、逆流性食道炎をすぐに治すというのは、中々困難だと言えます。

逆流性食道炎の方は治療に時間が掛かってしまいがちですが、
空気呑気症の方は、飲み込み癖を矯正することで早急に治すこともできるので、

げっぷが大量に出て困っているのであれば、
まずは、空気呑気症を治す為の知識から集めてみると良いと言えるでしょう。

引用元-空気呑気症は、一日で治せる|逆流性食道炎コラム【吉岡 卓治医師】

 - 病気・薬

ページ
上部へ