世の中のちょっとした疑問を解決するWEBマガジン

オスカープレス

MRIの検査時間はどれくらいなの?腰椎椎間板ヘルニアの場合

      2015/11/15

MRIの検査時間はどれくらいなの?腰椎椎間板ヘルニアの場合

腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合は、MRI検査を受けたほうがよさそうです。

それでは、MRIの検査時間はいったいどれくらいなのでしょうか?

今回は腰椎椎間板ヘルニアでのMRIについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4c3db8ed60a2143d1c80f46b4aef71ab_s
nt(胎児の後頚部浮腫)とは?そのリスクについて解説します

nt(胎児の後頚部浮腫)の宣告・・・これってママにとってはシ...

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s
ロキソニンとカロナールの併用はOK?併用する場合の注意点

ロキソニンとカロナールどちらも鎮痛剤だけど、併用しても大丈夫...

611616
マネージャーの部活の役割!バスケ部マネージャーのお仕事

学生時代に部活でバスケ部のマネージャーをした経験のある方はい...

622862
電話が苦手で、なかなかかけることが出来ない人必見!

電話をかけるのが苦手と感じる人の理由は? 面と向かっての対...

626664
赤ちゃんの体重増えすぎの原因や対策について紹介します!

赤ちゃんの体重が増えすぎ場合の対処法について 母乳の場合は...

117816
生理痛による腰痛に効果的な湿布についてまとめてみました!

生理痛による腰痛は温湿布で温めるべきなのか? 生理痛の原因...

474632
心臓がドキドキしちゃう!恋するメカニズムを徹底解剖!

恋をして心臓がドキドキとすると体は、一体どうなるの? 好き...

562251
子供を児童養護施設に預ける条件などについて説明します

児童養護施設に子供を預ける条件について 親の離婚や病気、ま...

613569
大学で部活に入ったけどやめたい時はこのようにすればいい!

大学で部活に入ったけど辛くてやめたいと思っている人はいません...

564425
大学の先生に好意を持ってしまった…アピールする2つの方法!

大学の先生に好意を持ってしまう学生さんは多くいませんか? ...

プリント
【nhk解約方法】実感に帰る場合の手続きは簡単です!

一人暮らしを解消して実家に帰ることになった場合、契約してるn...

589834
大学のテストで赤点をとらないためにはこうやって勉強しよう!

大学のテストと高校のテストの赤点の違いを知っていますか?高校...

172922
大学の遅刻は何分まで許される?甘えの要因について

大学生が授業に遅刻をするのは何分まで許される? 少し遅...

628929
面接で緊張して笑顔なんかできない?笑顔だって練習できる!

受験、就職、アルバイト…人生には面接という場面必ず登場するも...

241012
彼女は怒るときでも可愛い!彼氏にそう思わせるコツ

彼氏が怒っている彼女を見て可愛いと思う瞬間があるのをご存知で...

460519
脳が色の認識をしているってホント?気になる視覚情報について

目ではなく脳が色の認識をしているんです!? 男性と女性...

432580
旦那の仕事がなかなか決まらない…そんな時妻がやるべき事!

旦那さんの仕事がなかなか決まらないと不安になっている奥さんは...

623136
窓用エアコンの効果は?設置するメリットとデメリット!

窓用エアコンを知っていますか?気軽に購入でき、設置工事もない...

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s
女性が仕事で泣く原因や接し方はコレだった!

女性が仕事で泣くのはどんなときなのでしょうか?職場で女性が泣...

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_s
子どもの熱が下がらなくて入院…原因不明の高熱は○○病かも!

子どもの熱が下がらなくて入院に…そんなことになったら心配や不...

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合はMRI検査がおすすめ

 腰痛だけでしたら、通常は安静と薬物治療で1ヵ月くらいで消失します。

その場合にはMRI検査は必須ではありません。

 しかし、腰痛に続いて臀部や下肢に痛みやしびれが発現した場合には、椎間板ヘルニアが骨の中の神経に影響を与えたと判断して、MRI検査を受けることをお勧めします。

なぜなら、MRIを行うことで、ヘルニアの部位や神経圧迫の程度が解るからです。

 その結果に基づいて治療は保存治療で良いのか、手術治療が必要なのかを検討できます。

引用元-脊椎外科医の戦場 ぎっくり腰や坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合、どんな時にMRI検査が必要になるか説明しましょう

そもそもMRIとは?

MRI(MR)とは?

MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略語で,磁気と電波を利用して,あらゆる断面の画像を得ることができる撮影方法です.

撮影の時は,狭いトンネルの中に入って大きな音のなかで検査します.

しかし,ヘッドホン等を用いて,音を軽減することができるため,ご心配はいりません.

また,X線を使いませんので,いわゆる放射線被ばくはありません.

検査を受ける時の注意は?

 強い磁力を検査で使用するため,体内に心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方,あるいは手術等で体内に金属が入っており,その金属の材質によっては撮影が出来ないことがあります.

また,撮影室内では時計・磁気カード,電子機器等は壊れてしまうことがありますので持ち込めません.

また,閉所恐怖症の方は検査できないことがあります.

妊娠されている方は,原則禁忌です.また,カラーコンタクトも取り外していただきます.

引用元-

腰椎をMRIで検査!検査時間はどれくらい?

MRI検査とは、磁気を活用して画像データを得る検査方法のことです。

一見、CTスキャンと同じような画像データに見えますが、実はもっと踏み込んだ情報を有するものです。

MRI検査では、放射線を使用しないので、人体にもっともやさしい検査方法とも言われています。

MRI検査を受ける際にはまとまった時間が必要であり、レントゲンのように、その場ですぐに受けることができるものではなく、予約制度によって検査が行われるケースがほとんどです。

MRI検査を受ける際、電磁波が反応してしまうあらゆる可能性を取り除くために、身の回りのものは全て外します。

また、磁性体(磁石を誘発する物質)が含有されているとのことで、化粧品や入れ墨もMRIには好ましくないと言われています。

勿論、入れ墨に関しては、取り外すということが不可能なのでやむを得ないのですが、事前申告は必ず必要になるでしょう。

実際に検査に入ると、簡易ベッドのようなところに寝て、そのまま穏やかなドラム音のような音が聞こえるMRI検査機の中を通過していきます。

約20分で終了するケースが一般的です。

引用元-MRI検査 – 腰痛の仕組みと克服法

腰椎椎間板ヘルニアでのMRI体験談。検査時間はとても苦痛

「MRIは無痛の検査です。」

検査の前の説明書にもそう書いてあります。

そうなんですよ、無痛なんですよ。

検査自体はね…。

「JAMさ~ん、着替えをお願いします。金具とかついているものは全て外してくださいね」

放射線技師さんの案内で、足をずるずる引きずりながら部屋に入り、着替えました。

痛みで前屈ができないので、靴下を脱ぐのが大変だった…。

そしてMRIの設置されている部屋に移動。

技師:「それでは腰のMRI撮影をします。金属類とか一切つけてないですよね?ペースメーカー等も入っていないですね?」

JAM:「はい、大丈夫です。あ、歯科矯正してるんで歯に金属ハマってるんですけど。」

技師:「ああ、そうでしたね。心配でしたらちょっと調べておきましょうか。MRIに顔近づけてみてもらえます?」

JAM:「…。(MRIの輪の部分に顔を近づけるJAM」

技師:「金属が引っ張られるような感じはありますか?」

JAM:「…いや、ありません。」

技師:「じゃあ大丈夫です。この台の上に仰向けになってください」

歯科矯正はMRIには影響無いようです。

…ん?
今、仰向けって言わなかった?

仰向け…。

足が痛くなってからあまり仰向けの体勢にはなれませんでした。

仰向けも右向きもかなり足が痛くなるので、布団の上では常に左向き。

だ…大丈夫か…?

不安でしたが、もう後戻りはできません。
仰向けで台の上に横になり、頭や体はベルトでしっかり固定され、手に“何かあったときの連絡のためのコールブザー”を持たされ、MRIの撮影が始まりました。

ゴンゴンゴンゴン…

不思議な音が聞こえます。

MRIの撮影って静かだと思ってたけど、意外とうるさいのね…。

5分経過。

あれ。

痛い。

足が痛いよ。

左のお尻が痛いよ。

痛い…

痛い痛い…

痛い痛い痛い!

痛ったぁぁぁぁぁい!!!

開始して10分もしないうちに、JAMはもうすでに限界ギリギリ。

疼痛の酷いヘルニア患者に、常にじっとしているように言うのはホント無理があるのです。

引用元-悶絶!腰椎椎間板ヘルニア闘病記~その4・MRI~ | JAMのどんどこ日記 – 楽天ブログ

腰椎椎間板ヘルニアでのMRI体験談。検査時間20分で汗だくに

入院してすぐにMRI検査をしなかったのは、痛みが強すぎると検査が難しいため。

MRIというのは、磁気共鳴という技術を用いた撮影法なのだが、CTスキャンなどと違って、撮影が完了するのに時間がかかる。

だいたい20分ぐらいの間、仰向けになってじっとしていないといけないのだ。

これは坐骨神経痛の痛みが強い間はちょっと難しい。

ということで、ある程度痛みが落ち着いてきた入院4日目の検査となったわけである。

痛みが落ち着いたとは言っても、まだまだ動くと痛い。検査の直前に、例の白い痛み止めの点滴を入れて、検査室まではストレッチャーで寝たまま移動した。

検査台に寝ると、足のほうに大きな台が置かれて、その上に足を上げた姿勢で撮影する。

これがまたきつかった。撮影がはじまって3分ほどでしびれと痛みが強くなってもう限界に近い。

しかし、ここでギブアップしたら最初からやりなおし。

なんとかちょこちょこ動いて痛みをやり過ごし、20分間を耐え抜いた。例によって全身滝のような汗である。

検査室から出てきた私を出迎えた病棟の看護師さんが、「わー、汗びっしょりでかわいそう」と驚いたほど。

「病室に戻ったら拭いてあげるね」と優しい言葉をかけてもらえた。

やっぱり白衣の天使だなあ。ともかくMRIの撮影という治療に向けた最初の一歩を乗り越えて一安心である。

引用元-【腰椎椎間板ヘルニア】~入院3・4日目 MRI検査~ – ヘラブナ日記

twitterの反応


https://twitter.com/napalmthing/status/650151135064387584

 - 病気・薬

ページ
上部へ